hiro's football report

国内外、カテゴリー問わなずサッカーのマッチレポート風なものを掲載

【2021 J1 第25節】横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台

f:id:hiro121720:20210821223717p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20210822132837p:plain

横浜F・マリノス

  • 前節から2人先発メンバーを変更
  • 皓太が負傷明けでベンチ入り
  • アゴは負傷によりメンバー外

ベガルタ仙台

  • 前節から3人の先発メンバーを変更
  • オッティ、フォギーニョ、加藤がメンバー外

想定通りの守備と、想定外の攻撃力

前半は耐え忍ぶ展開

f:id:hiro121720:20210823204926p:plain

  • 4-4-2のブロックで中央を締める守備
  • ボールを奪ったら最前線へ蹴ることを優先
  • できれば相手センターバックと同数のときに蹴りたい
  • 試合をロースコアで進め、後ほど捲るプラン

 無理には攻めず、ある程度受ける形でしっかり守ろうという意思の仙台。ゴールキックも前に蹴るし、ボールを奪ってもクリアが多い。その目的はカウンターや陣地回復というより、自陣からボールを遠ざけることだったでしょう。

 後ろで繋ぐと時間を作れますが、相手に奪われると自ゴールが近い状態で攻撃されてしまいます。この日の相手はリーグ屈指の切り替え速度と、ハイプレス強度を誇るマリノスそんな相手に繋ぐことはリスク、という認識だったのでしょう。

「今、優勝も見えている横浜FMは乗せたら怖いぞ」という話をして、しっかりと守備から入ろうとしました。そして、手堅くロースコアでゲームを進めることで、我々が焦れずに焦れさせれば活路が見えてくるという展開から、前半はアンラッキーなかたちで失点して(以下略)

 手倉森監督のコメントからも、守備に重点を置きたかった意思が読み取れます。このやり方は、アウェーセレッソ戦と同じなんですよね。似た順位やチーム状況の大分とは真逆のアプローチです。このあたり、監督の色が出て面白いと思いました。

 しっかり守る仙台と、ボールを保持したいマリノス。両チームの思惑がぶつかった結果、マリノスが押し込む展開に。しかし、前半1-0での終了というのは、仙台にとってプラン内だったでしょう。

攻勢に出た後半と、痛すぎた2点目

f:id:hiro121720:20210823210145p:plain
f:id:hiro121720:20210823210156p:plain
  • 前半より繋ぐ意思が強くなった仙台
  • ゴールキックも余裕があれば繋ぐようになる
  • 自分たちの時間を作ることもできたが、奪われるリスクもある

 前半に比べ、後ろから繋ぐ意識が上がった仙台。相手のプレッシャーが厳しくないときは、バックパスも交えてボールを保持します。前半控えていたことでしたが、手応えからいける見込みがあったのでしょう。ずっと守り続けるのも、選手のメンタル的にきついですからね。

 これには手を焼きましたが、レオがとんでもないシュートで2点目を獲得。仙台は3枚替えを実施し、攻撃的な形に変更。ある程度守備を捨ててでも、得点を奪いにいきます。このタイミングで投入したことから、仙台は3点以上取ることが厳しいという認識だったのでしょう。本来であれば、もっと交代を引っ張りたかったのだと思いますが、そんなことを言ってられない状況に。

後半は引っかけた相手のボールをふたつ、みっつと繋げれば押しこめる時間が来ると。そういう攻勢に出かけた矢先での2失点目を食らったのがものすごく痛かった。0-0で、あるいはロースコアの0-1でゲームを進められていれば我々のメンタルも維持できていたところが、そこで心理的なバランスを欠いたことで、3失点目は自分たちがその時間帯まで後ろで持つことを避けてきた展開を相手にチェイシングされて与えてしまった3失点目で、大敗に繋がるようなプレーになってしまいました。

 ロースコアは1失点までという認識だったようです。2失点目が痛かったのは、精神的なバランスを欠くことになるから。というのも、仙台はここ最近複数得点が取れていません。そういった状況の中、2点取らないと勝点を持って帰れないスコアは焦りを生みます。

 「しっかり攻撃しなきゃ」、「もっと後ろから繋がなきゃ」、こういったプレッシャーの中、マリノスの猛プレスに襲われます。それが悪い形となったのが、3点目だったでしょう。これはただ失点しただけでなく、それまで繋げていたものが相手に奪われた。という意味でも精神的に大きなダメージを与えたはずです。簡単に言うと、繋ぐことへの恐怖を植え付けた。といったところですかね。

  • 攻撃的な選手にシフトした仙台
  • 繋げるという自信が失われる
  • スタミナがなくなりつつある後半半ば以降の時間
  • 徐々にオープンな展開になる試合
  • 選手の地力差

 これらのことから、マリノスに優位な状況だったと言えるでしょう。レオのミドルは本当に大きな得点だったと思います。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

押し込んだときの最適解や如何に

 基本的にはマリノスが押し込む展開になったこの試合。1つ気になったシーンがあります。

f:id:hiro121720:20210823211911p:plain

 大然がクロスを上げるシーンですが、中にいたのはレオとエウベルのみ。マイナスの位置に1人欲しかったシーンです。ボランチがいるとよかったですかね。

 この日のボランチは喜田と扇原。彼らは試合を安定させる力があり、被カウンター時などに頼れる存在です。しかし慎重になるきらいがあり、攻撃時も低い位置を取ることが多い。ボールが行き来する展開なら彼らは光るのですが、押し込んでるときには物足りなさを感じてしまいます

 ケヴィンが天野をボランチの位置に入れたのは、こういったことが背景にあったからでしょう。他にも、岩田や皓太は前へ積極的に出るので、押し込んでいる状況では優先して起用されるはず。状況や相手次第ですが、今後ボランチの先発も変わるかもしれないですね。