hiro's football report

国内外、カテゴリー問わなずサッカーのマッチレポート風なものを掲載

【2022 J1 第26節】京都サンガFC vs 横浜F・マリノス

スタメン

京都サンガFC

  • 前節から1人の先発メンバーを変更
  • 武田が累積警告により出場停止

横浜F・マリノス

  • 前節から4人の先発メンバーを変更
  • 宮市と西村が負傷離脱中
  • 山根陸が代表招集で離脱中
  • Y.マテウスが外国籍選手の関係でメンバー外

非対称な守備に求められる走力と技術

  • 豊川を前に出す4-4-2でハイプレスを仕掛ける京都
  • 右肩上がりなので、福岡は永戸とボランチを見ることに
  • 片方に寄せればもう片方が空くが、そこは2トップがプレスバックして対応
  • 非対称なプレスとマリノスサイドバックの特徴から、左サイドからの前進が多くなる
  • 後半になると、京都の選手が動いた後マリノスの選手が動き出すように
  • 疲労から、京都のプレスバック頻度が下がる

 京都のハイプレスは、噛み合わない部分を走力と技術で補う形でした。献身的なプレスバック。相手を背中で消しながら寄せる。こういったプレーがうまい山﨑が重宝される理由がわかります。

 マリノスとしてはズレが生まれやすい左サイドから前進を図りたいですが、京都が元気なうちはうまく攻めることができませんでした。長いボールを蹴ることが多くなったのは、相手のプレスが厳しかったことに大きな要因があったはず。

--90分間の中で波のあったパフォーマンスに見えました。

欲を言えば、マリノスらしい敵陣でプレーを続けるのが理想でしたが、グラウンドコンディションの影響もありました。連戦の中、後ろの選手としては「割り切ってプレーしないといけないのかな」とは考えていました

--ビルドアップでいつもよりロングパスを多用しました。

低い位置でボールを失って失点するよりは、相手が前からプレッシャーに来ていたので、ひっくり返す意味でも背後を狙ったり、トップとボランチの間のスペースを狙ってはいました

 岩田のコメントより、ある程度割り切った安全思考があったことがわかります。しかし闇雲に蹴るのではなく、前に出た相手をひっくり返す意図があったようです。松原から仲川へのパスなどはわかりやすいですよね。

 先制点を挙げたあと、ケヴィンは喜ぶのではなく、喜田、マルコス、仲川に指示を与え続けていました。喜田とマルコスにはトップとボランチの間のスペースを。仲川にはサイドチェンジを受けて、横圧縮した相手を揺さぶってほしい。空きやすい永戸を攻撃の起点として攻めたかったのでしょう。しかしこの思惑は、あまりうまくいきませんでした。

 迎えた後半。たくさん走る守備をしている最中に失点したこともあり、プレスの威力が徐々に弱まる京都。相手が出る。背中で消されない箇所へ動いて、パスをもらえるよう角度をつける。後出しの動きでも対応できるほど、京都の寄せる速度が落ちていました。ハーフタイムでしっかり打ち合わせられたこともあり、後半の頭はうまく前進できる回数が多かったように思います。

 プレスがハマらなくなると、今の前線を起用しているメリットが薄まります。ならばと曺監督は3枚替えを敢行。寄せる技術力は大きく劣りますが、身体能力にものを言わせた素早い寄せマリノスへ迫ることに。その後も金子や荻原を入れるなど、走力と攻撃力を重視した交代で点を取りたい意図が伺えました。

変わってしまう攻める速度

  • 仲川&エウベルというスピードのある選手から、海夏&水沼というキック技術のある選手に両翼が変わる
  • 一気に相手の背後をつくパスができなくなるので、前進するための手数が増える
  • しかし短い距離を進むため、パスの精度が上がる
  • 選手交代により、攻撃の速さと精度が変わることに(これがメリデメ)

 5連戦を戦うマリノス。現実的に考えて、ウイングがフル出場を続けることは身体的に不可能でしょう。そのため、選手交代をする必要があります。この日はマルコスが先発だったので、ヤンが外れることに。スピードのある選手がベンチにいなかったので、交代後は攻める速度が落ちます

 海夏と水沼の特徴は、キック精度の高さです。周囲と関係を持ちながら、徐々に前進。相手を押し込み、敵陣で長い時間過ごすことが理想でしょう。そのためには相手のプレスに怯まず、立ち位置とパス精度でかわすことが必要です。ハイプレスをかけてくる相手にはリスクがありますが、単に蹴るだけでは自分たちの時間が減ってしまう。出てる選手たちにとって、勇気が求められる状況でした。

 水沼や海夏は下りて組み立てに参加するなど、自身ができることを最大限やってくれたように思います。ここにボランチが入ると数的優位を作りやすかったですが、ジョエルや喜田は疲労している状態。彼らに代わる適任は山根陸だったでしょう。ボールを循環できる選手が、両翼と関わって前進。こういった青写真を描きたかったですが、彼は代表に召集されていて不在。なので、岩田をあてがって運動量で補うことに。万が一繋ぐことに失敗しても、広い範囲をカバーしてもらう形。右図のような状況を期待してのポジション変更だったでしょう。(彼もフル出場してるんですけどね…)

 試合をクローズするため海夏を投入した、というのは結果論でしょう。前述した通り、マリノスは攻撃速度を大きく変えざるを得ません。これは望んでいようが、望まなかろうがです。それがぼやけたのは、たまたまリードしていたから。(もちろん、得点状況によって投入した時間帯は変わったでしょうが)

 この試合で印象的だったのはケヴィンのクローズ方法ではなく、選手交代に適応したピッチ上の選手たちでした。状況を見て何が最適かをチームに伝え、組織的に物事を進める。これこそが京都戦で得た大きなものだったように思います。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

勝負の神様は細部に宿る

 試合前に、マリノスを目指すべきチームとしてコメントした曺監督。試合後も、何もできなかった前回対戦に比べて、相手を苦しめる素晴らしい内容だったと言及していました。マリノスという越えるべき壁に対し、自分たちは十分立ち向かえるという自信があったのだと思います。しかし結果は敗戦。掴みかけていたものを取りこぼし、打ちひしがれていたのが試合後のインタビューだったのかもしれません

 京都は今年J1に上がったチームです。目指すべきスタイルをJ1ナイズドする必要があるので、実質的にチーム作り1年目と言えるはず。まずはプレッシングやビルドアップなど、基礎的なことに重きを置く必要があります。その積み重ねが徐々に実り、マリノスと戦えるまでに成長したのでしょう。

 対するマリノスは、アクティブな姿勢を貫くサッカーを実施して5年目。選手の入れ替わりはありますが、基礎的な部分は既に身に付いている状態です。そうなると、より細かい部分に力を入れる時間ができます例えば、ゴールキーパーがセービング時の足の運び方を突き詰める。ボランチミドルシュートの精度を高めるため、シュート練習に励むなど。そしてこの試合で効果を見せた、セットプレーの仕込みも挙がるでしょう。

 元の意味とは少しずれますが、岡田元監督のよく言う勝負の神様は細部に宿るという言葉がピッタリな一戦だったように感じました。プレー原則だけでなく、より細かいことに時間を割けたマリノスチーム成熟度の差が、ディティールの差に表れたと言えるでしょう。

【2022 J1 第29節】横浜F・マリノス vs アビスパ福岡

スタメン

横浜F・マリノス

  • 前節から2人の先発メンバーを変更
  • 宮市が負傷離脱中
  • マルコスが外国籍選手の関係でメンバー外

アビスパ福岡

  • 前節から5人の先発メンバーを変更
  • 宮が累積警告で出場停止

積極的な守備が生む背後のスペース

  • 5-2-3の形で、前線から圧力をかける福岡
  • 中盤が2枚だけなので、サイドまでカバーしきれない
  • 前に出るべきウイングバックが留められているので、サイドバックが空きやすい
  • 途中からボランチを前に出して5-4-1気味に守備をするように
  • 今度はライン間が大きく空くので、トップ下が潜り込みやすくなる

 直近の試合は4バックだった福岡。しかしこの試合では5バックを採用してきました。

--システムを変更した理由を教えてください。

GKやDFの間を通すスルーパスなどがある中、約20~30メートルの距離を2CBで守るのは難しいと判断し、DF3枚でスタートしました。失点した場面はそれをやられないようにしたつもりなのですが、もっと練度を高めないといけないということです。

 長谷部監督のコメントより、スペースを埋めるために布陣を変更したことがわかります。だからといって、低い位置に構えて守ることはしませんでした。

 試合開始当初は、シャドーを前に出した3-2-5ブロックを構築。積極的なプレスから、ショートカウンターを仕掛ける意図が伺えました。しかし前掛かりな守備は、後ろにスペースを生むことに。特にシャドーの背後は通しやすかったです。状況としては、湘南戦のときに近かったでしょう。

 守る横幅が足りないと思ったのか、途中から5-4-1に布陣を変更。シャドーを下げるのではなく、ボランチが前に出て帳尻を合わせる形でした。あくまで前から奪いに行く姿勢を崩さなかった形。しかし、今度はディフェンスラインと中盤の間が開くことに。そこはトップ下の独壇場になりました。

 いずれも5バックの前にあるスペースを使う形で前進したマリノス。敵陣に押し込むことはできましたが、やはり人海戦術により守られた福岡は堅かったです。大きなチャンスはほとんど作ることができませんでした。

 対する福岡もシャドーが押し込まれているので、ファンマの競り合い次第で攻撃の時間が作れるかが決まります。しかしそこはエドゥアルドと岩田でうまく防ぐことに成功。これにより、互いにチャンスが生まれにくい塩試合の様相になっていったのでしょう。

外側に張るだけがウイングの仕事じゃない

  • 福岡は人を掴む意識が高い
  • それを利用し、自らが動くことで相手守備陣に穴を空けられる
  • ウイングが内側に入り、相手ウイングバックを引っ張る
  • 空いた外側をサイドバックが使う場面もしばしば
  • 後半になると、ボランチが上がって空いたスペースにウイングが入るようになる

 相手を動かすことで、空間を作り出そうとしたマリノス。意識の変化が特に大きかったのは、ウイングだったように思います。

相手が5枚で引いてくるのは分かっていたので、どうやってウイングバックを動かすかに焦点を置いていました。開くだけでなく、相手を広げてから中でもらうことで、あそこが空くのは分かっていました。冷静に全体を見られていたので、イメージどおりすぎて気持ちよかったです(笑)。あのシーンだけじゃなくて、(松原)健に前に行ってもらって、潜り込むシーンも作れましたし、どんな相手でも、出方と意図的にプレッシャーを掛けさせるボールの動かし方ができるようになりました

 ただ外に張っているだけだと、マーク相手であるウイングバックは動かせません。なので自身が内側へ入り、スペースを作ろうとしたようです。他の見方と連動して、できたスペースを活用した手応えも、水沼のコメントから伺えます。

 ウイングが下りると外側が空きますが、そこはトップ下、ボランチサイドバックなどが入って活用。使うべきスペースがあれば誰が入ってもよい。マリノスの柔軟性を、久しぶりに強く感じることができました。

前半はいい位置でボールを奪ってチャンスになった。ただ後半はその回数が減った。相手の切り替えも速いし、前からどんどんプレスが来ているところで、一つはがせたり、一つためをつくれたりというのが前半はチャンスになっていた

 山岸のコメントが、マリノスの変化を物語っていると思います。自身はウイングが外にいるつもりで追いかけたが、実は内側にいるので効果が弱まっている状態。なので前半と同じ寄せ方だと、効果的なものにならないです。相手を惑わす、水沼の見事な動きだったと思います。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

難しい試合を勝ち切る強さ

 マリノスが優位に試合を進めていましたが、決してチャンスが多かったわけではありません。少ないチャンスを決め切り、0に守って勝ったこの試合は、強いチームの振る舞いだったと思います。

 アクシデントで皓太がトップ下に入りましたが、彼がハイパフォーマンスを披露。ここまであまり出場機会を掴めていなかった選手が活躍したことは、チームがハイレベルを保つ条件の1つでしょう。新しいヒーローの誕生は、大きなものを掴むために必要なことだと感じます。

 西村はもしかすると長期離脱の可能性があります。けれども我らには頼もしい10番がいます。メンバー外を経験していますが、アップ後の味方を鼓舞するなど、決して腐っているわけではありません。前向きな姿勢はきっと報われるはず。横浜が誇るファンタジスタの活躍を、期待せずにはいられません。

【2022 J1 第25節】横浜F・マリノス vs 湘南ベルマーレ

スタメン

横浜F・マリノス

  • 前節から2人の先発メンバーを変更
  • 宮市が負傷離脱中
  • マルコスが外国籍の関係でメンバー外

湘南ベルマーレ

  • 前節から4人の先発メンバーを変更
  • 特に離脱者などはなし

噛み合うマリノスと、噛み合わない湘南

  • 湘南は2トップで中央を封鎖したミドルブロックを形成
  • マリノスサイドバックを中心に、局所的な数的優位を作ることでプレスを回避
  • ウイングが相手ウイングバックを留めているので、前に出られる選手が限られることもポイント
  • 布陣が噛み合うので、マリノスはプレスに迷いが少なくなる
  • 寄せる勢いに押され、低いボールではなく浮いた長いボールが増える湘南
  • 前にいる町野と瀬川は空中戦に特別強いわけではない

 互いの布陣を嚙み合わせると、ピタリと一致します誰が誰をマークするかわかりやすいので、迷わずプレスにいきやすいです。湘南はマリノスのプレスを真正面から受けることになり、狭い空間と短い時間の中でプレーしなければなりませんでした。

 普段なら3バックやアンカーから、前線へ縦パスが入る湘南。しかしマリノスの猛烈な寄せに耐え切れず、前に蹴り込むことが多くなります。町野や瀬川は空中戦に特別な強さを持っていないため、エドゥアルドに競り負けることが多々。押し込まれた状態なので、セカンドボールの回収も中々できません。湘南が下から繋げなかったことが、マリノスが押し込めた1つの要因だったでしょう。

 対するマリノスは、選手の動きでズレを生んでいました。特徴的なのはサイドバックが内側に入ること。これにより相手インサイドハーフの周りには、マリノスボランチサイドバックの2人がいることに。ウイングが相手ウイングバックに蓋していることも、数的優位を作りやすくしていました。

 前節、湘南はハイプレスからショートカウンターをすることができましたが、この試合ではあまりできませんでした。その差は、繋ぐために自らが動くマリノスと、繋ぐために相手を動かす川崎にあったでしょう。同じプレスのかけ方では、うまくいきにくいのです。

 繋ぐことにしても、マリノスには一日の長があります。湘南は山口監督になってから取り組んでいたこともあり、マリノスが優位に試合を運べたのだと思います。

 しかしまだ前半。選手たちは動けるので、湘南は押し込まれさえすれど、守り切ることはできていました。マリノス優位と言いましたが、決してチャンスが多かった印象はありません。

理想を現実にするために

  • Wボランチにすることで、後方の組み立て人数を増員
  • 布陣の噛み合いもズレるので、マリノスのプレスを弱める期待感もあったはず
  • トップ下を入れることで、放り込んだ際のセカンドボール回収要員を作る
  • しかしマリノスのプレスがあまり緩まなかったため、結局下から繋ぐ回数はすくないまま

 前節の川崎戦は、相手があまりプレッシャーをかけてきませんでした。3バックには時間の余裕が与えられ、その状態ならいい縦パスを刺し込んで攻撃することができていました。なので、後方で時間を作ることができれば、下から繋いで攻撃ができる自信があったのでしょう。そういった背景もあり、茨田を投入して中盤の形を変えたのだと思います。

 結果として、これはあまり機能しませんでした。湘南が試合中に中盤の形を変えることはあまり見たことがありません。Wボランチにしてどれだけ練習していたかはわかりませんが、やはり本番で施行回数を重ねないとギャンブルの要素が強くなります。3バック+Wボランチの立ち位置で、マリノスのプレスをいなしていた広島と比べるとわかりやすいでしょう。

  • ウェリントンを投入すると、ある程度雑に放り込んでも時間を作ってくれる
  • しかし町野や瀬川に比べてスピードがないので、寄せる遅さが目立つようになる
  • なので、ショートカウンターを仕掛けられる頻度が下がる
  • 守備が後ろに重くなるので、ある程度間延びした状態を許容することに
  • 縦に速い畑やタリクを入れると、より間延びしやすくなりオープンな形になる

 恐らく、繋ぐことに見きりをつけたのがウェリントンの投入。しかしプレスの機動力が下がるので、どうしても後ろに重くなりがちに。押し込まれた状態が作られやすくなるので、縦に間延びしていきます。

 タリクや畑など、縦に速い選手の投入もあり、以降はオープン気味な展開に。そうなるとマリノスは、テルとヤンを投入して対応。スピードを重視した攻撃に切り替えるという、カードの豊富さを見せつけました。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

線で見たときのめぐり逢い

 川崎戦は、直前にあった浦和戦とセレッソ戦で『理想を捨てて現実を見る』ことに気付いた相手に負けました。この試合は、川崎戦で『理想を遂行できる力がある』と自信をつけた湘南に勝ちました。

 川崎戦のときにも書きましたが、湘南が前節負けていたら違う試合内容になっていたでしょう。なんならスターターにウェリントン、タリク、畑あたりを起用し、長いボールで攻めるサッカーを展開したかもしれません。やはりめぐり逢わせってあるんだなと、強く感じました。

 川崎戦では選手たちの勇気を讃え、マリノス戦では選手たちの勇気を責めた山口監督。なんとなくですが、監督が感じる保持することへの熱量と、選手たちが持っている熱量に差があるような気がします。実現可能な範囲で理想を求めないと、うまくチームが回らなくなることがあるかもしれません。集団で1つのことを成し遂げるのは難しいんだなと、改めて思いました。

継続することで成功をおさめる重要性

 マリノスは久しぶりの勝利ですね。前節の東京戦に続き、プレスの迫力は増したように思います。きっちり結果も出したので、自信をもって自分たちのサッカーをすることができるでしょう。

 この状態が継続できれば、基本的には残りの相手は押し込めると思います。6月末から続いていたうまくいかない大きな要因は、相手がプレスに臆さないところだと感じています。ここが改善されつつあるので、今後の試合は大きな期待を持って見ることができるでしょう。(もちろん相手の特徴もありますが)