hiro's football report

国内外、カテゴリー問わなずサッカーのマッチレポート風なものを掲載

【2022 J1 第11節】浦和レッズ vs 横浜F・マリノス

スタメン

浦和レッズ

  • 前節から2人の先発メンバーを変更
  • 大畑、酒井、犬飼が負傷で離脱中

横浜F・マリノス

  • 前節から5人の先発メンバーを変更
  • エウベルが負傷で離脱中
  • 岩田が負傷から復帰してベンチ入り

リスクをかけたくない浦和

リスクを減らすための振る舞い

  • 前を向いてる状態でも、フォワードの背後へ放り込む頻度は低い
  • 2失点したあと、関根を下げて5レーン全てを塞ぐようになる
  • いずれも試合のテンポを落としてクローズドに進めたかったことが伺える

 ロングボールを多用せず、地上戦を仕掛ける。守備変更がハイプレスではなく、最終ラインを埋めること。双方ともマリノスのスピードや技術力など、個の質を発揮させないための方策だったように思います。関根を下げたのは、去年のアウェイ浦和戦田中達也を下げたことと同じアプローチでした。

(試合終盤、西川周作選手がパントキックを蹴った場面があったが、西川選手がパントキックをつなげてシンプルにゴールを狙うような場面はしばらくつくり出すことができていない。その一つだけでも観客は沸くと思うし、得点機会も増えると思うが?)
「そうではない、とは思いません。我々もああいう状況はあったかもしれませんが、あのときにああいうふうにリスクを冒す場面もあったり、ときには2トップが前線にいて背後に出たり、そういう縦に速くするところも必要でしょうし、今日のようにリスクを冒しながらプレスに出ていくところも重要だと思っています。その考えについては決して悪くないと思いますし、そのように我々が、勝つためにリスクを冒してやっていくことも必要だと思っています」

 監督会見で、「リスクを冒す」という言葉が多く出ていることが印象的でした。ときには危険を承知で行動しなければいけないが、常時そうであるわけにはいかない。後半は点差が開いてしまったので、勝つために実行したという意図が伺えます。つまり、前半の戦い方で相手を上回ることが本懐だったのだと思います。

遮二無二攻めなければいけない状況に

  • 裏を狙ったフォワードにロングボールを入れる頻度が増える
  • ミドルブロックでなく、前から人を捕まえるハイプレスに変更
  • 3点差を返すためにリスクを冒す形になる

 浦和は後半から背後へのロングボールや、ハイプレスを敢行。これに加え、関根やモーベルグサイドバックで起用。なりふり構っていられない状況だということが、強く伝わってきます。

 3点差を返すのは並大抵のことではありません。そういった状況でも後半からメンバーを替えなかったのは、変更したやり方が効かない場合の保険だったのかもしれません。こういったことからも、リスクを嫌う監督だということが伺えます。

 積極的なプレーを実行するので、選手たちがリスクを冒す勇気を持てるかが重要になります。3点差もつけられると、選手たちは意気消沈するはず。その心を奮い立たせ、戦えるように導いたリカルド・ロドリゲス監督は優秀なモチベーターなのだと思います。それはスタジアムでの熱い振る舞いからもわかりますよね。

--前半は厳しい展開だったが、アップしながらどう試合を見ていたか。

本当にサッカーというのは流れがあるスポーツで、前半は難しい時間でしたが、ハーフタイムでは誰も折れていなかったですし、いろいろな意見を出し合っていたので、もう1回息を吹き返せるなと思っていました

 松尾がこのようにコメントしていました。下を向いて黙るのではなく、状況を打開するために意見を出し合っていたようです。今の浦和は非常にいい状態なのだと感じました。メンタル面の成熟も、チームを作る上で重要な要素です。選手、監督共に考えて前へ進もうとしているのでしょう。こういった姿勢が3点を返す結果を生み出したのかもしれません。

自分たちのサッカーをしてリスクの低減を

ケヴィンが目指すサッカーの解釈

 前節の湘南戦にも書いたのですが、ケヴィンのサッカーはリスク低減を目指しています。ピッチ上では、敵陣で自分たちがボールを保持し続ける、という形で表れているでしょう。自ゴールから遠い場所にボールがあれば、失点する危険性を下げられるからです。

  • 明らかに優位な状況でないのなら、無理に攻めず保持に切り替える
  • ボールを失ったら、近くにいる選手が素早く寄せて即時奪回を狙う
  • 手薄な箇所にボールを入れると、パスが繋ぎにくくなる
  • 即時奪回も狙いにくいので、ハイラインが高いリスクになりやすい
  • 無理せず繋ぐことで、敵陣で保持する時間を増やせる
  • 左右に振ることで相手を走らせることもできる

 マリノスはスペースを作るため、選手たちがポジションにこだわらず立ち位置を変えます。つまり、繋ぐためのアプローチが選手の移動になるのです。選手が動かなければリスクの低減に繋がりますが、そういうやり方をしたことがないです。練習でやっていないことをいきなり実践できないですよね。なので、リードを守り切るために動かないという選択肢はありません

 では、リスクを低減するにはどうすればいいでしょうか。素早く攻めて選手間の距離が広がれば繋ぎにくいですし、即時奪回のための囲い込みも難しくなる。つまり、コンパクトな陣形を敷きつつ、敵陣方向への圧力を強めることが求められます。パスを繋ぐために動き回るデメリットが、即時奪回で薄まることに。

 なので前線の強度を維持することがチームの安定に繋がります。前線4人を入れ替えたのは4点目を入れるためと共に、ハイプレスの強度を保ってリードを守るためでもあったでしょう。

 しかしハイプレスがそこまで激しくなく、攻撃も速攻が多くなります。オープンなときに素早く攻めるのは、アンジェ時代に良く執られている方法でした。ここに引っ張られすぎるのは、ケヴィンの意向に沿わない部分だと思っています。

 結果として敵陣で過ごす時間は前半より減ることに。前述した通り、点を取るにもリードを守るにも、敵陣に居続けることが今のサッカーで求められます。その土台ができていないので、4点目を取っていればとか、リードを守り切ればとか言える状況ですらなかったと感じました。(あくまで筆者の一意見です。他の受け止め方もたくさんあると思います。)

うまい試合運びとは

  • どんなプレーにもメリットとデメリットがある
  • 状況に応じてリスクリターンを考えて、都度行動を選択しなければならない
  • 試合状況によって最適な行動を選ぶことが、うまい試合運びと言えるのではないか

 マリノスは選手が動くことで、メリットとデメリットを享受します。なので、いつどこに動くかが試合運びに繋がることに。上図は極端な例ですが、左はビハインドのとき、右はリードしているときに取りやすい行動でしょう。言葉を変えると、追加点を狙う場合は左ですし、失点を防ぐ場合は右のように動くことに。

 では、動いただけでその通りのプレーができるでしょうか。パスがこないとダメですよね。サッカーはチームプレーです。お互いが共通認識を持たないと思い描いたプレーができません。

 浦和戦の状況を思い描いてください。ユンカー得点後の1-3だとしましょう。2点リードしている状況で、あなたは点を取りにいきますか?それともリードを守りますか?

攻撃に入った時点で、ゴールに向かいすぎる部分があった。敵陣でもう少し相手を動かせれば、相手も嫌だったと思う深く攻めたときに、一回我慢して、敵陣で握る時間を後半増やせたら、もう少し楽だったかなと思います。

 こちらが皓太のコメント

きのうの試合から学ぶべきことは、3―1の状況から出て、そこから4点目、5点目を取りに行く姿勢をもっと見せるべきだった。失点はしないというのが大前提だったので、チームを全体的にコンパクトにして、もっと(スペースを)閉められるようにした方が良かったかなと思います

 こちらが岩田のコメント

 敵陣で時間をかけるべきか、それとも速攻で早く攻めるのか。コメントだけだと、皓太と岩田が同じ絵を描いているかがわかりません。人の考えや意思は、そのくらい曖昧なものなのです。

 なので気持ちを合わせるためには、声掛けが重要になります。どういうプレーを自分がしたいのか。周りにどういうプレーを求めているのか。試合中でもいいですし、試合後の振り返りでも構いません。今回の試合でどうすべきだったかをすり合わせ、こういうときはこうやろうと話し合えればいいと思います。小さな積み重ねがやがて大きなものを得る力になるはずです。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

試合の反省を形に変えられると信じて

まだまだ未熟だということです。ゲームの流れを読む力も、ゲームの運び方も、チームとしての未熟さが出ました。マリノスの勝利を信じてくれた人に対し、申し訳なく感じています。ただ、見せたいのは謝る姿や下を向く姿ではありません。見せたいのは立ち上がる姿です。選手は全員、悔しいし、ふがいない気持ちでいるけど、その気持ちに圧しつぶされるのではなく、それでも前を向いて立ち上がる強さを見せたいです。

  うまい試合運びをする上で、個の判断は重要です。そして同じくらい、チームとしての意思統一も大事になります。マリノスには様々なタイプのリーダーがいるので、この試合を必ず糧にしてくれると信じています。

 結果3-3の引き分けになりましたが、これもチームを1つ大きくするいい経験になったのではないでしょうか。新しい選手も多く加わり、認識を合わせることが難しくなっています。そのすり合わせをきちんと行い、次節の福岡戦で改善に向けたアプローチが見られることを期待しています。

【2022 J1 第13節】湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス

スタメン

湘南ベルマーレ

  • 前節から1人の先発メンバーを変更
  • 瀬川が出場停止でメンバー外

横浜F・マリノス

  • 前節から3人の先発メンバーを変更
  • 前節負傷した岩田とエウベルがメンバー外

ボールを保持することで安全性が損なわれるマリノス

狙うは相手の背後

  • 最優先の狙いは浅い守備ラインの背後へボールを送ること
  • ディフェンスラインが前を向けたら、そこへ放り込んでもよい
  • 低い位置のサイドバックには時間があるため、ここを起点にしやすい

 ハイプレスでくる湘南は、ブロックをコンパクトにするため守備ラインが高くなります。マリノスとしてはその背後を狙いたいという思いが全面的に出ていたように感じました。守備陣から一息にロングボールでもよし。相手を動かして地上戦で繋ぐもよし。手段は問わない形ですが、フォワードが抜け出すというゴールは同じ。

 湘南の守り方は名古屋戦の前半と同じなので、噛み合わせ上サイドバックに時間を作りやすかったです。右図のように水沼がサイドチェンジできたのも、小池が余裕を持ってパスを出せたから。戸田さんが解説されていましたが、名古屋戦を反省して高さに気を遣っていたことが伺えます

保持することを優先した結果

  • 湘南の激しいプレスに対して、『奪われたくない』という心理が強く働く
  • 最前線のフォワードが背後へ抜け出せるのにバックパスを選択
  • 前へ繋げる状況なのにバックパスを選択
  • 結果的に自陣で過ごす時間が長くなる(ボールロストするのも自陣が多くなる)

 湘南の苛烈なプレスに対し、ボールを失う場面が増えるマリノス「相手に奪われたくない」という心理が徐々に強まっていきます。その結果、最優先にしていた相手守備ラインの背後へボールを送る回数が減っていくことに。

--前半、10本以上のシュートを打たれました。それはビルドアップがうまくいかなかったことと相関性があるように感じます。見解を聞かせてください。

仰ったように、特に前半は足りていない部分がありました。ビルドアップで自信がなかったのか、後ろ向きな気持ちになっていたのか、すべてのボールを前方向に動かしたいにもかかわらず、後ろに戻すシーンが目立ちました左の仲川(輝人)にしろ、右の水沼(宏太)にしろ、良い動き方があった中で前方向ではなく、セーフティーな横パスやバックパスが多い前半だったと思います。

怖がってプレーしていれば、何も始まりません。大事な場所でボールを失わず、いけるときは前方向に向かっていかないと、自分たちの良さも出せません。特に前半はそのような部分が目立ってしまいました。

 ケヴィンのコメントがこの試合の様相を表していたように思います。自陣からボールを遠ざけることでリスクを減らす。という考えがケヴィンの根底にはあるはず。安全性を求めてバックパスを選択しているが、失点の危険性は増していく。選手たちの狙いとは矛盾した状態が生まれていました。(DAZNでもわかるくらい、ケヴィン怒ってましたしね…)

 水沼が逆サイドに展開しようとして相手に引っかかるも、ボールは敵陣方向に進めていました。その結果、敵陣でプレスをかけることができて先制点を獲得。この出来事が象徴するように、自陣でボールを持っていても得点チャンスは生まれません。そもそも前向きな姿勢こそが、マリノスの目指すスタイルですしね。

主導権を握るも決められない湘南

素晴らしいハイプレスと粗雑なフィニッシュ

  • ハイプレスにより、高い位置でボールを奪える
  • 後ろから湧き上がるように人が出てきて、空いている背後を狙う
  • マリノスのプレスが速いので、選択をすぐに迫られる
  • 周りと連携できず、粗雑なフィニッシュが増えてしまう

 リーグ随一の走力を活かしたハイプレスは強烈でした。序盤は湘南がボールを奪うことが目立ち、優位に試合を進めたいたでしょう。しかし効果的なショートカウンターは中々打てませんでした。

 切り替え速度はマリノスも早いです。「ボールを奪ってから次のプレーを選択する時間が短い」と湘南選手たちは感じたはず。その結果すぐにミドルシュートを撃ったり、近くの選手へパスするなどが多発。

 サイドにスペースがあったので逃げやすい状況でしたが、そこにいるのは石原と畑。彼らはクロス精度に特別なものがあるわけではありません。それをわかって山口監督は起用してるはずなので、後ろから追い越していく選手にパスをつけることを求めていたのでしょう。古林ならば能力を発揮できましたが、それは結果論になります。

 ボールは奪えているが、得点ができない。質が足らなかったこともそうですが、高丘のセーブも相手の心をくじく1つの要因だったでしょう。それに重なり、自分たちのミスから先制点を与えてしまいます。湘南のメンタルは大きなダメージを受けたことでしょう。次第にハイプレスの勢いが弱まり、攻撃にも焦りの色が見えだしました。

立て直したメンタルと人をかけるリスク

  • メンタル面の回復を主目的に、町野と田中聡を投入
  • ビハインドということもあり、攻撃に人数をかけるようになる
  • 前半に比べて分厚い攻撃ができるようになったが、後方が手薄になるリスク

--いま仰ったように立ち上がりはとても良かったと思います。ですが先制されてからは主導権を握られ、苦しくなった要因はどこにありますか?

ミス絡みでの失点ということで、(メンタル的な)ダメージが大きかったと思います。ただ、前半に関しては0-2と良くはないですけど、ガタガタっと崩れてすべてが悪かった前半ではありませんでした。

立ち上がりに1つでも取れていたら。フィニッシュの状況もゴールへの確率が高い状況でした。ミスなので責めはできないですけど、点を取れなかった状況が良い状況だっただけに、ゼロで進んでしまったことが非常にもったいなかった。それはいまのウチにとっては大きなポイントになります。

 山口監督のコメントから、精神面へのダメージが伺えます。そんな湘南は、後半頭から町野と田中聡を投入。大橋や米本が悪かったというより、チームに勢いを与えたかったことが主な理由でしょう。「ポジションを奪ってやる」という気持ちを持つ主力級の選手を投入し、前向きなメンタルを持たせます

 攻撃に人数をかけることができるようになり、前半より効果的に相手ゴールへ迫れるようになりました。背後への抜け出しからクロス、相手を背負っての落としなど、大橋よりやれることが多い町野の活躍が目立ちました。しかしまたもや立ちはだかる高丘の壁。この試合勝てたのは間違いなく彼のおかげだと思います。

 攻めに人を割く分、守備面が手薄になるリスクが生まれます。3点目のように同数以下で守る場面が増えることに。湘南は今季複数得点がありません。なので、2点のビハインドを跳ね返すことが重くのしかかっていたのでしょう。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

メンタルの重要性を再確認した試合

 試合序盤は湘南がいい精神状態で入れたが、得点が決まらず徐々に下がることに。後半は開き直り半分でしたが、前向きな気持ちを取り戻していたと思います。相手を上回るには、いいメンタルを保つことが重要だということがわかります。

 それはマリノスにも言え、消極的な気持ちで前半を過ごしてしまいました。自陣でのロストが、後ろ向きな心に拍車をかけます。うまくいかないながらも得点を取れていましたが、それで心の余裕が生まれているようには見えませんでした。少々ナーバスな状態で過ごしたので、バタついた試合展開になってしまいました。

 とことんうまくいかない試合でしたが、勝って反省できるのはよかったと思います。ここから連戦が始まる中、勝利でスタートを切れたのはいいことでしょう。この勢いを持って次に臨みたいです。

【2022 J1 第12節】横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス

スタメン

横浜F・マリノス

  • ACL GL最終節から5人の先発メンバーを変更
  • 特に離脱者はなし

名古屋グランパス

  • 前節から2人の先発メンバーを変更
  • 長澤が負傷離脱中

成功体験後の変容は難しい

後ろに構えることの功罪

  • 稲垣は前に出すぎずに中を締める
  • 縦にコンパクトで密なブロックを作れる
  • 仙頭は前へ積極的に出ていく
  • 縦に伸びた守備陣形になる

 試合開始当初、名古屋は稲垣と仙頭で守り方が異なっていました。あまり前に出ず中を締める稲垣。前に積極的に出て仕掛ける仙頭。この違いはマリノスサイドバックも関係していたでしょう。外側に陣取ることが多い永戸。内側へ出る頻度が高い龍太。名古屋インサイドハーフからすると、マークの捕まえやすさが違います

 前半2分に相手を芋づる式にずらして前進できたマリノス。このことからわかる通り、仙頭が前から出る分にはやりやすかったです。思っていた以上にかわされたからなのか、岩田が倒れたあたりで仙頭が長谷川監督と相談している場面がありました。そのあたりから、自身が下がりめの位置で守るようになります。稲垣と似たような振る舞いになるので、中を締める形に。マリノスとしてはこちらの方が前進しづらかったです。

  • 守備ブロックが下がるので、ウイングバックの選手も最終ラインに吸収される
  • ボールを奪っても寡兵で攻めることが多くなる
  • サイドからのクロスを狙うには、時間を作るか切り替え速度で相手を上回る必要がある

 中盤が低い位置にいるため、守備ブロックが低くなります。ボールを奪ってカウンターを仕掛けたいですが、相手ゴールまで距離がある状態。守備陣形が後ろに重いので、攻め始める人数が少なくなります寡兵で攻めるにはドリブルが効果を発揮しやすい側面もあり、マテウスが目立ったのだと思います。

 ウイングバックが攻め上がるのに時間がかかるため、サイドからのクロスも少ない状況。sofascoreによると、前半のクロスは7本、シュートは1本だけでした。奪うまではいいのですが、その後の攻めに課題がありました

 しかしこの日は吉田を先発させていたので、組み立てはスムーズだった印象。相馬よりビルドアップ能力が高いので、名古屋の左サイドは安定してボールを前進させていました。唯一の問題はいかにして崩すか。そこがマテウス頼りになっていたと思います。

前からの守備に切り替えた結果

 前半の守り方である程度しのげた名古屋。しかし前半40分にマルコスから展開できたように、完全にマリノスの攻撃をシャットアウトできたわけではありません。どうしても浮く選手ができるのです。

 それなら捕まえればいいじゃないか。ということで、守備方法を変更します。(広島戦と同じやり方なので詳細は省きます)捕まえる相手がハッキリしたので守備強度が上がる名古屋。前線に人が増えるので、カウンターの威力も上がります。後半はクロスが13本、シュートが5本と激増。ウイングバックが崩しやフィニッシュに関わることが、攻撃の厚さを物語っているでしょう。選手たちは、うまくいってるという印象を強く持ったはずです。しかし得点が奪えず、時間が経過していきます。

  • 前に出る守備がはまっていたので、前線は出ていきたい
  • アゴはスピードがないので、守備ラインを下げたい
  • 名古屋のブロックが縦に広がるが、中央をカバーするボランチ疲労している状態
  • マリノスとしてはライン間をうまく利用したいところ

 柿谷を投入したのは守備強度の維持が主な理由でしょう。攻撃時に裏へのボールを要求していたことからも、チームとしてマリノスの背後を狙う意思が感じられました。

 前半は中盤が3人で中を締めていましたが、後半は2人で守ることに。カバーするエリアが増えたので、レオ シルバと稲垣の身体的な負担が増えます。なので前からいくのなら、縦にコンパクトな陣形を作ることが求められるでしょう。丸山、藤井、中谷のスピードならラインを高くすることが可能です。

 ライン間をコンパクトにして中盤の守備範囲を狭くしても、時間経過と共に守備がおいつかなくなってきます。中盤のフィルターが効きづらくなると、ディフェンスラインの晒される頻度が増加ここで響くのがイエローカードの存在。藤井をチアゴに替えたのは、こういった経緯だったと思います。

 チアゴは競り合いに強い反面、スピードに弱点のある選手。藤井がいたときと同じ高さは取りづらく、ラインが下がります。しかし前からの守備がうまくいっていたので、前線はどんどん出ていきたい。次第に名古屋が縦に間延びしていきます。

 前述した通り、ボランチは疲弊している状態。ライン間にボールを入れられると、対応が後手になります。それを見越してケヴィンは角田を投入したのでしょう。守備能力の高さと同じくらい、彼のキック精度に期待して左サイドバックで起用しているのだと思います。得点に繋がったパスが象徴しているでしょう。こういったパスを難なく出せていたティーラトンを思い出しました。

 チアゴを投入したのでミドルブロックを敷くなど、守備ラインを下げる方法もあったかと思います。しかしハイプレスがうまくいっていたし、勝つために得点が欲しい。前から行きたい気持ちが勝ちやすい状況でした。そのため失点したのは結果論ですが、やり方を変えることの難しさを痛感しました。

 本来3バックをやる予定で組んだスカッドではないので、こういったことが起こっているのかもしれません。個人的には「河面を投入して丸山を中央に移せばいいのに」と思いましたが、これまでの起用を見るとチアゴの方が信頼を得ている模様。まだまだ、発展途上なチームなのでしょう。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

心身ともに考慮したケヴィンのマネジメント

 ACLでは外国籍選手の起用に制限がありました。他の選手たちより出場時間が減る分、身体的には他の選手よりいい状態だったのでしょう。その反面、試合に絡めないストレスもあったはず。これらの理由があったため、外国籍選手5人を先発起用したのだと思います。

 アンロペをウイング起用したのは、今のスカッドに左利きのウイングがいないことが大きな理由だと思います。「左サイドバックに左利きのリクエストを監督から受けた」新体制発表会でこのような説明がありました。ここから察するに、利き足へのこだわりはあるのでしょう。


ケヴィン

ロペス、中に入りすぎだ。今日はウイングなんだから、もうちょっと内外使い分けてくれ


A.ロペス

はい、すいません…不慣れなものでして…


ケヴィン

龍太にも責任があるぞ。慣れてない選手が相方なんだから、お前が気を遣ってあげないと


龍太

わかりました。気遣っていたのですが、もっと調整役に注力します!

 岩田が倒れたとき、恐らくこのようなやり取りがあったのだと思います。普通だったら当事者のアンロペを叱るだけですが、ケヴィンは龍太も一緒に呼びました。彼のマネジメントで特徴的なことだったように感じました。選手を組み合わせでも考えている証左だったでしょう。

 マリノスのサッカーはいるべき場所に人がいればいいです。ポジションは問いません。なので、龍太が左サイドに流れることもあります。しかしいるべき場所を使う頻度は、ポジションの近い選手が高くなりやすいです。誰が入ってもいいからと言って、本来取るべき位置を放棄していいわけではありませんあまりにも自由になりすぎると、秩序がなくなりますからね。なので、ウイングはしっかり大外も使るような位置取りが求められるのでしょう。