hiro's football report

国内外、カテゴリー問わなずサッカーのマッチレポート風なものを掲載

【2021 J1 第37節】ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス

f:id:hiro121720:20211130135632p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20211130135709p:plain

ヴィッセル神戸

横浜F・マリノス

  • 前節から2人の先発メンバーを変更
  • 新たな離脱者などはとくになし(畠中は以前から離脱中)

らしくない両チーム

ケヴィンらしからぬ守備

f:id:hiro121720:20211203181308p:plain

  • いつもはキーパーにまで突貫するプレスを敢行する
  • 理由は常に先手を取って相手を圧倒したいから
  • しかしこの日はサンペール塞ぎを優先
  • ケヴィンらしからぬ後手気味の守備方法
  • 持つことでなく、持たせることで試合を支配

 今節の守備方法、思い返すとホーム徳島戦で似たようなことをやっていました。なので、チームとしては真新しい手法ではありません。なのになぜ取り上げるかと言うと、ケヴィンになって受け身寄りの守備は今回が初だからです。

 今までは攻守に渡り、自分たちがアクションすることで相手を圧倒する意図がありました。常に先手を取ることは、相手の行動を待ちません。最近自分たちに向けるベクトルが強いのは、先の先を取り続けているから。これを加味すると、TORICOLORE+における小池のコメントが沁みます。(契約してる人はぜひ読んでみてください)

 話を開幕戦に戻しますが、今季アンジェが目指したのは後の先を取れるチームだったはず。しかし川崎相手にボロボロだったため、対の先を実行できるチーム作りに切り替えました。結果として派手な得点がなくなった代わりに、勝点の取りこぼしが減りました

 今節ケヴィンの採った方法は、まさに対の先だったのです。神戸のビルドアップはサンペールを経由して前線への展開が始まります。(彼が中心になっている様は、SPORTERIAのパスマップを見ていただけるとわかりやすいのでご参考に。)この形を想定し、いつもは突っ込むマルコスとレオに監視を任せたのでしょう。

 ※先の先、対の先、後の先は以下を参考にしてみてください。

karatebuko.exblog.jp

 神戸はサンペールやイニエスタからでないと、チャンスに繋がるボールがほとんど出ません。そして彼らはモビリティがないため、中央にいることがほとんど。外回しにされると、途端に攻撃の質が落ちます。実際ピンチになった回数を見ても、マリノスの守備方法は効果があったと言えるでしょう。

いつも通りじゃないサンペール

f:id:hiro121720:20211203183524p:plain
f:id:hiro121720:20211203183534p:plain
  • 動かないとボールを受けられないので、下りて3バック化するサンペール
  • 中央が空くので、中盤の選手たちが下がってくる
  • マリノス陣側に神戸の選手が少なくなるので、攻撃の危険度が下がる
  • いつもはやっていない、人を捕まえるハイプレスを敢行する神戸
  • モビリティのないサンペールのマークは、素早く動けるマルコス
  • 攻守共にサンペールは中央から外側へ走らされている

 神戸としては、ハイプレスを敢行したことと、組み立て時にサンペールが下がることの2つがいつもと違うところ。これらが及ぼす影響は、サンペールが中央にいないことになります。

 守備においては元々中盤でフィルタリングせず、4バックで受けきる設計なので、そこまで影響はなかったでしょう。なので主な痛手は、攻撃時に中央からパスを出せないことです。

f:id:hiro121720:20211203190127p:plain

 前節や今季平均は中央付近が色濃くなっています。しかし、今節は中央が空くドーナツ型になっていることがわかります。後ろに下がって3バック化したり、マルコスやレオのマークから外へ逃げる。守備時はマルコスのマンマークで外に動かされる。本来自分がいたい中央から離れてしまいます

 サンペールはモビリティの低い選手です。中央から移動することもそうですが、中央へ戻るのにも時間がかかります。これが理由で、彼は本来いたいところにいる時間が少なくなりました。後方からのロングボールが多かったのは、サンペールが動かされていたことも関係してると思います。マルコスとレオのマークは、サンペールを塞ぐだけでなく、神戸の攻撃機能全体に影響を及ぼしたと言えるでしょう。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

チームの枠組みでらしさを出せた選手たち

 前節は外での仕事にこだわっていた仲川ですが、今節は中央からのシュートで得点という結果を残しました。得点シーンは、左サイドスタートにも関わらず内側にいたことが、彼の変化だと思います。外側を小池がオーバーラップしてアクセントに。大外レーンを使わず、中央3レーン以内におさまった密集した攻撃でした。インサイドアタッカーとしての素質を見せることができれば、起用される時間も増えるでしょう

 また、皓太も素晴らしい活躍を見せてくれました。扇原と違い、幅広い箇所に顔を出せる。喜田と違い、攻撃面でも違いを作れる。速攻でも、遅攻でも、幅を使おうが密集しようが対応できる。それだけの万能さを備えています。今まで起用が少なかったのは、ボランチとして最低限やるべきことを満たしきれなかったからでしょう。

 攻撃時は繋ぎ役として、守備時は相手の要所を潰す壊し役としての働きが求められます。それをやった上で、自分の色を出してほしいのです。今節では、イニエスタをおさえた上で、積極的に攻撃参加できていました。68分に見せたターンは彼らしさが詰まっていたでしょう。

 チームとしてやるべきタスクをこなし、その上で自分の強みを表現した仲川と皓太。彼らは今後プレー時間を延ばす可能性があると思います。

柔軟な戦術家

 前節の浦和戦は、ケヴィンの求める先の先を追求したものだったでしょう。しかし、今節は対の先で臨みました。主な理由は2位を決める戦いだったからでしょう。浦和と違い、神戸はACLストレートインを争う直接の相手。この試合は絶対に落とせないのです。なので、結果を掴み切れていない前節のやり方より、安定した戦いが見込める今節のやり方を採用したのだと思います。

 正直、相手を見ず無鉄砲に突っ込むことしか引き出しがない印象だったので、とても意外でした。相手の対策を仕込み、それを実践できるだけの能力がある戦術家という側面を見せてくれたでしょう。

 それでも最終節はケヴィンのやりたいようにやると思っています。我々に失うものはないですからね。互いのプライドを懸けた大勝負。ケヴィンマリノスの全てをぶつける姿を期待しています。

【2021 J1 第36節】浦和レッズ vs 横浜F・マリノス

f:id:hiro121720:20211121123509p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20211123151501p:plain

浦和レッズ

  • 前節から2人の先発メンバーを変更
  • ユンカーと小泉がメンバー外

横浜F・マリノス

  • 前節と同じ先発メンバー
  • 健勇がレンタル契約条項により、メンバーに入れず
  • 代表帰りの大然が先発

幅を取ることと、密集することの特徴

幅を使うがゆえの難しさ

 ピッチの横幅を目一杯使うのがマリノスのサッカー。この試合も選手たちが幅を取りますが、そうすることで得られるメリットもデメリットもありました。

f:id:hiro121720:20211123161700p:plain
f:id:hiro121720:20211123161708p:plain
  • ピッチ横幅を一杯に使った広い攻撃ができる
  • 相手のブロックを横に広げ、隙間や空間を作り出すことができる
  • サイドバックが幅を取る場合、ボランチ付近に空間が生じる
  • ボランチも縦横無尽に動くため、中央に誰もいなくなることがある
  • 攻守がひっくり返った際、中央という致命的な箇所にスペースが生まれる

 広く攻めようとするマリノス。仲川が幅を取って、空けたスペースに小池が走る。というシーンが何度も見られました。相手を広げることが、横幅を使って攻撃する主なメリットになります。

 この日の守備はスピードにものを言わせたハイプレス。浦和はキーパーを交えて繋ぐので、マリノスの前線は高い位置まで進出します。そうなると中央に広大なスペースが生まれることに。これを何とかするのはボランチの2人です。

 それに加え、この日はエウベルが幅を取らず内側にいることが多かったです。なので、代わりにティーラトンが幅を取っていました。しかし、こうすると守備時に中央を守ることが難しくなります

 これら2つが合わさり、この日のボランチ広大な空間を守るだけの運動強度とスピードが求められました。喜田は両方満たしていますが、扇原はスピードが不足しています。その結果、中盤がスカスカになることが多く、中央を起点にしたカウンターを多く受けることに。広く攻めるということは、それだけ広い範囲を守らなければいけないことに繋がるのです。

密集して戦うことで隠れる苦手

f:id:hiro121720:20211123163114p:plain
f:id:hiro121720:20211123163515p:plain
  • 攻撃時に密集しているので、相手に奪われても即時奪回しやすい
  • 味方が一直線上に並びやすくなるので、3オンラインを引き起こしやすい
  • 狭い空間でプレーできるだけの高いボールスキルが求められる
  • 常に攻守の切り替えを素早くしなければいけないので、体力の消耗が激しい

 密集して戦う場合は攻撃時に人が集まっているので、相手にボールを奪われてもすぐに囲い込めます。左図のシーンが顕著で、何度もボールを引っ掛けて攻守が入れ替わっていました。こうなると、広いスペースを守る回数が減ります。扇原が苦手にしていることが隠れますよね。

 また、選手たちが一直線に並ぶ3オンライン状態が作りやすくなります。右図はマルコスがポスト直撃のミドルを撃てましたが、これはショルツが仲川を離せなかったから。もしマルコスについていったのなら、空いた仲川に折り返せば同じく決定機だったでしょう。

 しかし狭い空間でボールをコントロールする技術が求められるため、攻撃の難度は跳ね上がります。ここに気を遣いつつ、攻守の切り替えを素早くし続けなければなりません。心身共にかなり消耗するやり方になっています。

真逆のサッカーを求められる

ケヴィンが求めるもの

 幅を取った攻撃と、密集した攻撃の特徴を見ていきました。この日の先発から考えると、ケヴィンが求めているのは後者でしょう。途中交代で仲川を替え、エウベルを残したことからも伺えます。

 今までの選手起用から、ケヴィンが志向しているのは常に敵陣でプレーすることだと思っています。敵陣に押し込み続ける攻撃。奪われても即時奪回してマイボールに。これを実現するには幅を取るより、密集する方がやりやすいでしょう。

 セレッソ戦では、サイドプレーヤーの水沼を中央で起用しました。いくら外に流れるからといって、大外までの移動には時間がかかります。それがハーフレーンでいいのなら納得度も上がるでしょう。

 また札幌戦のように、後半から岩田をボランチにすることもありませんでした。これらのことから、ケヴィンは狭い空間でサッカーをし、常に敵陣に居続けることを目指しているのだと思います。

--悪い内容ではありませんでした。ただ、8点で大勝した前節・FC東京戦と比較すれば、波を感じてしまいますが、どう受け止めていますか。

前節に比べて波があるように見えたと仰いましたが、スタートが良かった中、自分たちを信じられなくなったときに崩れ始めました。一方でチャンスを作れた感じもあります。ボールを握っていましたし、良い場面もありました。ただ失点してしまうと難しい状況になります。自分たちを苦しめることにもなります。相手に自信を持たせてしまったり、相手が勢いづくと苦しくなります。

 このケヴィンのコメント。自分たちを信じられなくなったときというのは、もしかすると幅を使って攻めだしたことを言っているのかもしれません。それによって中央にスペースが生まれ、カウンターを許しやすくなってしまった。良い場面というのは、近い距離間でボールを動かせたことかもしれないです。

今までのサッカーが足枷になるかも

 今までは幅を使ったサッカーをしてきました。これこそマリノスのサッカーだ。という固定観念を自分も持っています。そうなると、密集した攻撃をすることに抵抗を感じるかもしれません。

 しかし、マリノスのサッカーは立ち位置で優位を取り、相手を圧倒するものだ。という原則を認識しているのなら、密集に適応するハードルも下がるでしょう。恐らく、古くからチームにいる選手たちは信心深いので、固定観念が外れにくいと思います。

--これまでも警戒され、これからも警戒されるはずです。ワンランク上に行くためには何が必要ですか。

自分で打開するのも1つの手ですが、今日に関しては相手が引いている中で幅が使えていませんでした。中にクサビをつける場面が多く、ショートカウンターにつながってしまいました。正直、自分たちが焦れてしまいました。

 ケヴィンが密集したサッカーをしたいと捉えた場合、仲川のコメントはかなり引っかかります。 もしかすると、日々のトレーニングでケヴィンの志向が伝わってないのかもしれません。恐らくアンジェと同じく、具体的なことは伝えてないのでしょう。となると、選手たちの感じ方が肝になります。チーム内で話し合いをしないと、個々で認識がズレたまま試合をすることになってしまう可能性があるかもしれないです。今一度、自分たちのサッカーを見直すときなのかもしれません

密集攻撃の発展性

f:id:hiro121720:20211123170216p:plain
f:id:hiro121720:20211123170226p:plain
  • 密集するというのは、あくまで横幅の話
  • 相手を縦に間延びさせることは効果的なので、大然が中央で起用されている
  • 高さを使うのも有効なので、健勇みたいな選手は重用されるかも

 ただ密集するだけだと、自分たちが動いたりパスする空間も削れてしまいます。その解決策として、相手を縦に広げることが挙げられるでしょう。縦に伸ばす分には後ろが前に出れば即時奪回できるので、大きなデメリットになりません。最近レオでなく、大然が最前線で起用されているのはこれが理由かもしれないです。

 上図は、大然の裏取り効果が出た場面になります。このとき仲川が内側にいれば山中に選択を突き付けられたので、決定的なシーンを作れたでしょう。しかし、それを差し引いてもケヴィンの理想を表現できた場面だったと思います。

 また、高さを使うのも有効でしょう。上を使っても2次元的な空間は広がらないので、スペースは変わらないです。ヘディングからの落としだったり、クロスを頭に合わせるなど。健勇のような選手は、今後ニーズが増す可能性があると思います。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

原則の理解が問われる

 敵陣でずっと俺のターンがしたいケヴィンにとって、密集がその理想を押し上げることになるはず。という元の内容でしたが、あくまで筆者の妄想です。こういう捉え方もあるかな?くらいの認識でいていただけたらと思います。

 しかしその方向性で考えると、アンジェに心酔していた選手ほど苦戦するかもしれません。そうだったとしても、アンジェ、ひいてはエリクがくれたものの原則を理解している選手は問題なく適応するでしょう。物事の捉え方と、その応用のさせ方に柔軟性が問われています。

 短い期間でそれを覆すことはできないはず。そうなると、選手起用による無意識の反応を引き起こす方向になるのかなと。残り2試合ですが、そういったことにも注目しながら見ていきたいと思います。

【2021 J1 第35節】横浜F・マリノス vs FC東京

f:id:hiro121720:20211106185235p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20211106160640p:plain

横浜F・マリノス

  • 前節から3人の先発メンバーを変更
  • 角田が今季初のメンバー入り

FC東京

  • 前節から4人の先発メンバーを変更
  • レアンドロと渡辺が先発に復帰

得意な土俵を与えられたマリノス

広い空間を与える守り方をする東京

 前節、東京はハイプレスをかけることで清水を圧倒しました。その影響か、早い時間帯に複数得点を挙げます。

--先制点のシーンのように高い位置で奪う練習はしていた?

自分たちのストロングポイントである、前からどんどんプレッシャーを掛けるプレーはできたと思う。その中で私が奪って(安部)柊斗選手とのコンビでゴールを決められたので、これからも続けていきたいと思います。

 アダイウトンのコメントから、ハイプレスへの自信が伺えます。そして、直近のマリノスは相手のプレスに苦しんでいる状況。この試合、東京がハイプレスをかけることは予想通りだったでしょう。

f:id:hiro121720:20211106194425p:plain

  • ボランチに加え、センターバックも前に出て人を捕まえる
  • これにより、中央のフィルターがない状態で最後方が同数になる
  • マリノスのスピードある選手が駆けっこで勝負できる

 この試合のハイプレスも、前から人を捕まえる形でした。Wボランチが双方とも前に出ていく。空いたトップ下はセンターバックが対応。その結果、一番後ろが同数になることも。かなりリスクある守り方でした

 直近当たったチームはハイプレスを仕掛けるものの、一番後ろの数的優位は確保していました。それを同数というのは、一番近くて札幌だった。と言えば、いかに極端な守り方か伝わるでしょう。

 このリスクが表れたのは、先制点の場面。相手が前から来るので、中央のフィルターがない状態。アゴが長いボールで一気に盤面をひっくり返せたのも、パスを通すスペースが真ん中にあったから

 ここを抜ければヨーイドンの駆けっこが始まります。抜け出しに優れる仲川と大然がいたので、効果は抜群。これだけスペースがあれば、彼らのスピードは活きやすいですよね。

f:id:hiro121720:20211106194433p:plain

  • 押し込んだとき、2トップの守備圧力が緩い
  • 守備の方向付けができず、広い範囲を守ることになる

 リスクあるハイプレスを仕掛けていましたが、ブロック守備も整ってなかった印象。2トップの守備圧力が緩いため、ボランチが自由にボールを持てました。その結果、パスの選択肢が豊富になります。

 今まではここの守備が献身的で、どちらかのサイドに誘導されていました。それがないので、後方の選手たちはどこにくるか予測できない状況。結果、一人あたりが受け持つ守備範囲が増加します。広い空間を守らなければならないことに。

 このように、マリノス速攻でも遅攻でも、広大なスペースを享受することができました。正直、やりたい放題です。攻撃が活性化した最大の理由は、ここにあったと思います。

守り方に伴わないコンディション

  • 素早い寄せでハイプレスをかけ続ける走力
  • 同数を許容するので、1対1で負けない強度
  • 各々が広い範囲を守るので、縦横無尽に走る献身性

 今回の守り方に必要なものが上記です。しかし、この日の東京はどの選手もコンディションが良くないように見えました。相手に振り切られてファールする森重。ティーラトン相手に競り負けるディエゴ。このあたりは最たるものだったでしょう。中2日でのコンディション差如実に出ていたと思います。

 そういったことに加え、選手の守備適正を考えて前線の配置を変更したのでしょう。ディエゴはファーストプレスはうまいですが、中盤としての守備はそこまで。両サイドは献身的に上下動しなければいけないため、まじめで走力のある永井を配置。試合開始時と異なる位置取りをしたということは、事前にあったプランがある程度破綻した証左でしょう。それだけマリノスは相手を苦しめたのだと思います。

マリノスの守りやすいカウンター

f:id:hiro121720:20211106202122p:plain
f:id:hiro121720:20211106202134p:plain
  • 両翼が中央に寄るので、マリノス守備陣が動かされにくい
  • 後方から外へ勢いを持って上がる選手がいない
  • 直線的な攻めなので、試合のテンポが上がる
  • サイドに展開され、空いたライン間に入れられる攻めがやられて嫌だった

 ガンバ戦と違い、外側を使われることが少なかったです。後ろから駆け上がる選手もいないため、マリノスとしては中央を封鎖しておけばよい。東京の両翼は内側に入る傾向があるので、守りやすかったと思います。

 その結果、直線的なカウンターが多くなります。迂回しない分、攻撃の時間が短くなる。言い換えると、試合のテンポが上がる攻め方です。これに加え、前述した広大な空間。まさにマリノスの得意とする土俵で試合を行えたのです。

 やられて嫌だったのは、サイドからの攻めでした。右図のように、サイドチェンジでこちらのハイプレスをひっくり返される。そうするとライン間が空くので、中央を抜け出すパスが通ります。逆サイドに展開されると、センターバックが引っ張られることに。そこを突かれたのが前節倉田のゴールでした。

 機を見てサイドバックが猛スピードで上がる。なんてことをやられていたら厳しかったですが、それはほとんどありませんでした。前述したコンディション問題が主因でしょう。ここでも差が活きた形になりました。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

前節の反省を活かしたマリノス

 この試合は、サイドに人数をかけることが多かったと思います。相手を動かし、サイド深くを取る。前節にマルコスや扇原しかやってなかったことを、全員でチャレンジしていた印象です。

 特に2点目のPKに繋がったシーンがわかりやすいでしょう。人数をかけることで、相手中盤を引っ張る。ライン間が空くので、前線にパスを入れるスペースが生まれます。仲川が背後へ抜け出したことにより、大然の斜め前が空く。これによってセンターバックが動かされ、森重がファールしてしまう。久しぶりに配置で殴る様を見ることができました

--先日、「勝者のメンタリティーを見せる」と語られていた言葉どおりの試合でした。その要因は何でしょうか。

勝つために、そして90分終わったあとに喜ぶために、一人ひとりがチャレンジする力強い気持ちを持ったり、ボール保持者がチャレンジするための準備がすごく良かったです。それが勝者のメンタリティーにつながりました。全員のサポートがあったからこその結果ですし、それがチームの差となりました。

 小池もこのようにコメントしていました。全員がチャレンジする気持ちを持つということは、積極的にプレーするということ。そして、ボール保持者がチャレンジするための準備は、周りの選手がサポートできる位置にいるということ。

 この試合でパスがテンポよく回ったのは、選手間の距離がよかったからでしょう。つまり、孤立することが少なかった。周囲に多くの選手がいることで選択肢が生まれますし、自分がミスしてもカバーしてもらえるという心の余裕もできる。まさにチームとして勝ち取った勝利だったでしょう。

 ただ、この日の東京はコンディションが悪かったこともあり、マリノスとしてはやりやすい状況でした。そうでないときに、これをどれだけ発揮できるか。真価が見れるのはもう少し先なのかなと思います。