hiro's football report

国内外、カテゴリー問わなずサッカーのマッチレポート風なものを掲載

【EURO2020】 観戦メモ Group League Day3

Group D イングランド vs クロアチア

f:id:hiro121720:20210614001358p:plain
f:id:hiro121720:20210614001412p:plain

両チームのベース

イングランド
  • 4-3-3の布陣
  • 守備時も同じ形でブロックを形成。即時奪回&相手を挟み込むことを意識
  • ビルドアップ隊は両CB+アンカー。前進できないとIHやSBがヘルプに下りる
  • 後ろから繋ぐだけでなく、GKやCBが一気に3トップの背後を狙うことも
クロアチア
  • 4-3-3の布陣
  • 守備時は4-4-2のゾーナル基調。ハーフェーライン付近にブロックを形成
  • 攻撃時は速攻が控え目で、後ろからゆっくり繋ぐ
  • ビルドアップ隊は両CB+アンカー+IHの4人。前進できないとIHやSBがヘルプに下りる
  • 基本的に相手を押し込みたいチーム

試合のあらすじ

前半
  • 試合の前半はイングランドが押して、クロアチアが前で時間を作れない構図になる
  • イングランドの即時奪回とロングボールなどが原因。恐らく狙って押し込んでいる
  • というのも、クロアチア押し込みたいし、押し込まれると脆いチームだから
  • しかしイングランドのプレスが落ちたことと、ライスを塞がれてからはクロアチアが支配
  • しかし点は入らず、スコアレスで折り返す
後半
  • 前半と同じことをしてペースを握るクロアチア
  • ライスが塞がれたので、フィリップスが下りてヘルプするように
  • そのヘルプからの飛び出しで前線に抜け出す。背後を取ったスターリングが先制
  • 追いつこうと布陣を4-2-1-3に変えるも、大きな変化を起こせないクロアチア
  • そのまま試合は終了

Group D オーストリア vs 北マケドニア

f:id:hiro121720:20210614212826p:plain
f:id:hiro121720:20210614212838p:plain

両チームのベース

オーストリア
  • 3-5-2の布陣で、アラバをリベロに据える
  • ビルドアップ時は3バック+中盤2人、ザビッツァーは左サイドを広範囲に動く
  • 両WB(特に左)が外側高い位置に張り出す。WBの後ろをIHやHVが使う
  • 敵陣スタートやボールロスト時は人を捕まえるハイプレスを敢行
北マケドニア
  • 3-5-2の布陣
  • 守備時はブロックをハーフェーライン付近に形成して待ち構える
  • ゾーンというよりは人を捕まえる守備
  • 即時奪回はあまり狙わず、ある程度相手に前進されることを許容している
  • 攻撃時は選手がピッチ目一杯広がる。アリオスキがいる左サイドからの攻撃が中心になる

試合のあらすじ

前半
  • 両チームともテンション高く入ってボールが落ち着かない
  • しばらくしてからオーストリアが保持して、北マケドニアが受ける形になる
  • オーストリアの即時奪回精度が上がり、徐々に押し込むように
  • 北マケドニアポジトラの速さで先手を取るカウンターが強力
  • それぞれが点を取る形で前半を折り返す
後半
  • 後半も北マケドニアがテンション高く入り、プレス開始位置が少し高くなる
  • しばらくするとこれも落ち着き、オーストリアが保持する形に
  • オーストリアが攻め込むも、ディミトリエフスキが好セーブを連発
  • 相手を押し込めてることと、点が取れてないので、アラバがボランチの位置まで上がることも
  • しかしパンデフにつかれてそこまで自由を得られない
  • それならばとヒンテレッガーとポジションを入れ替えてザビッツァーと共に左サイドを攻略(恐らく選手主導
  • 時間と空間を作り、アラバから精度抜群のクロスが入って勝ち越し弾が生まれる

Group C オランダ vs ウクライナ

f:id:hiro121720:20210614212747p:plain
f:id:hiro121720:20210614212800p:plain

両チームのベース

オランダ
  • 3-4-1-2の布陣
  • 両WBは高い位置に張り出し、3バック+Wボランチで縦に刺す機会を伺う
  • 守備時は5-2-3の布陣で受ける形
  • まず5バックが撤退するが、中盤の戻りが遅いので自陣深くまで相手を迎えてしまう
ウクライナ
  • 4-1-4-1の布陣
  • 守備時は縦横圧縮のブロックを形成。ハイラインを敷く
  • 攻撃時はピッチを広く使って、素早いパスで縦横に展開
  • スピードのある選手を活かした速攻がメイン

試合のあらすじ

前半
  • オランダが保持して、ウクライナが迎え撃つ形が基本
  • ウクライナハイライン背後をオランダが取るということも
  • トランジションの早さを活かして、20分くらいから浮くラインはもボールを持てるように
  • しかし30分過ぎからは再びオランダがボールを持つ形になる
  • オランダは即時奪回の仕組みがないので、守備時に自陣深くまで戻ることが頻発
  • オランダはゆっくりなボール回しだが、ブロック間に入ることと、そこに出すことがうまい
後半
  • 前半と同じく、オランダが持ってウクライナが受ける形になる
  • ウクライナが低い位置でボールを持つとき、近場の選手を捕まえる守備にオランダが変更
  • 攻撃でも相手を片方のサイドの寄せ、逆サイドへ展開するという形を狙い始める
  • 特にフレンキーが持ち上がり、相手を2,3人引き付けて他にスペースを作ることが目立った
  • 優位を得ていた右サイドから2点を先行するオランダ
  • しかしウクライナトランジションを制して追いつく
  • しかしまたもや右サイドからオランダが得点。ウクライナ攻撃的な交代が裏目に出た

【EURO2020】 観戦メモ Group League Day2

Group A ウェールズ vs スイス

f:id:hiro121720:20210613002010p:plain
f:id:hiro121720:20210613002023p:plain

両チームのベース

ウェールズ
  • 4-3-3の布陣
  • 守備時は4-1-4-1で対応。3バックに1トップを当て、残りの4人で中盤を塞ぐ
  • バックパスなどでWGが前に出て、スイスのビルドアップ隊をガッチリ捕まえることも
  • 攻撃時は繋ぐというよりは前線へ放り込んで敵陣侵入を図る
  • その後はサイド(特にジェームズ)のスピードを活かしてクロスを上げる
  • ラムジーは少し前に出て、後方の組み立てはジョー・アレンとジョー・モレルに任せる
スイス
  • 3-4-1-2の布陣
  • 後ろからゆっくりボールを回して伺うスタイル。放り込むことは少なめ
  • ビルドアップ隊は3バック+Wボランチの5人
  • 詰まったら2トップやトップ下がおりてくる。WBは外側固定気味
  • 崩しは幅を取ったWBからのクロスが主
  • 守備時はトップ下が前に出て5-2-3のような形で守る
  • 前の3人で中盤への入口を封鎖して外誘導する(後方が出るので前向き守備ができる)

試合のあらすじ

前半
  • 基本的にスイスがボールを持って、ウェールズが構える
  • 互いにクロスからの攻撃が中心になる
  • ウェールズが構える中盤4枚の外側を利用し始めるスイス
  • そこが気になると広がった隙間に前線の選手が顔を出して縦パスを入れる
  • それを耐えてカウンターに活路を見出すウェールズ
  • 特にジェームズのスピードがすさまじく、左サイドから決定的なクロスが上がる
  • それでも互いに得点は生まれなかった
後半
  • 前から相手を捕まえに行きだしたウェールズ
  • しかしライン間が開くこととトレードオフ。そこをエンボロに切り裂かれる
  • 単独突破して得たCKからスイスが先制
  • その後シャキリを下げてザカリアを入れる。中盤の三角形が逆になる
  • しかし守備時の形も変わるので、中盤に蓋をできず受ける形
  • 70分ごろからウェールズが押し込み始める
  • 攻撃時に2トップまで距離があることも一因。2人で何とかしなきゃいけない状況
  • ウェールズがCKから追いつく
  • 選手交代と布陣変更の難しさを痛感

Group B デンマーク vs フィンランド 

f:id:hiro121720:20210613135104p:plain
f:id:hiro121720:20210613135117p:plain

両チームのベース

デンマーク
  • 4-3-3の布陣
  • 両翼は自由に内外を移動。IHがバランスを取ってサイドを攻略
  • クロスが主な攻撃方法(大きい選手を活かすため)
  • ビルドアップ隊は両CBとアンカーの選手
  • 守備時は縦横圧縮してスペースを削る
  • ボールホルダーを複数人で取り囲み、ボールを奪う
フィンランド
  • 5-3-2の布陣
  • 2トップがアンカーを消し、それ以外の箇所を3センターで見る
  • 5バックは後ろに構えることが多い
  • 攻撃は前線の選手へ放り込む安全志向が優先
  • ボールを持てば3バック+アンカーで前進を図る
  • うまくいかなければIHやWBがヘルプに下がってくる

試合のあらすじ

前半
  • デンマーク人を捕まえる守備をしているので、フィンランドは繋げない
  • 最前線に放り込むも、ケアーやクリステンセンに競り勝てない
  • また、カウンターの芽はディレイニーがことごとく摘んでいた
  • なので、デンマークフィンランドを押し込んでクロス爆撃する形がほとんど
  • ブライスワイトvsライタラのところでデンマークが優位性を保てていた左サイドが活発
  • フィンランドも徐々に慣れてきて、徐々に前へ出る守備をし始める
  • アクシデントがあったものの、両チーム共に強度を維持して試合再開
  • 同点のまま前半が終了
後半
  • 構図としては前半と変わらない形になる
  • フィンランドはカマラを右にもってきて右サイドを応急処置
  • カマラが1対1を制して反転。そこから中盤で繋ぎ、あっという間に左サイドへ
  • プッキを4人で囲うもかわされたため、ウロネンに時間と空間を与えてしまった
  • 精度抜群のクロスから失点。デンマークの守り方のリスク面が出た
  • IHのカマラやロッドは一番負荷高い箇所だったが、疲れてからは前線が中盤に戻るように
  • 85分過ぎからデンマークがパワープレーするも追いつけず

Group B ベルギー vs ロシア

f:id:hiro121720:20210613161508p:plain
f:id:hiro121720:20210613161523p:plain

両チームのベース

ベルギー
  • 3-4-2-1の布陣
  • ポジションを遵守し、ピッチを広く使って攻撃を行う
  • 2シャドーだけはフリーマン
  • リスクある縦パスや、無理な持ち上がりは控えてゆっくり回す安全志向
  • 守備時は5-2-3のブロックを形成して中央を封鎖する
  • 特に最後方の5バック形成が速い
ロシア
  • 4-2-3-1の布陣
  • 守備時は4-4-2のゾーン基調。スライドをきっちりとする
  • ベルギーが広がって攻撃するので、奪ったら戻る前に速攻を刺したい
  • それができないのならジューバに当ててゴロヴィンへ落としてから攻撃開始

試合のあらすじ

前半
  • ポジションを守るベルギー vs ゾーンなロシア
  • 安全志向なので、ゾーンを外すための対角パスや持ち上がりなどが控え目
  • ベルギーがボールを保持してロシアをある程度押し込む形で膠着する
  • その状況でミスから失点してしまったロシア
  • ベルギーは安全志向を続けられるし、ロシアはスライドできる限界時間がある
  • 更に追加点も許し、ロシアにとって辛い展開で前半が終了
後半
  • 後半開始からロシアが3-4-2-1に布陣を変更
  • ピッチを広く使るようになり、各所に人がいるのでボールが繋がりやすくなる
  • 地上から繋ぐ形でロシアが攻勢に出るも、得点が決まらない
  • 疲労も重なり、65分ごろから勢いが落ちる
  • 試合終盤にルカクに決められて試合が決まる

【EURO2020】 観戦メモ Group League Day1

Group A トルコ vs イタリア

f:id:hiro121720:20210612131937p:plain
f:id:hiro121720:20210612131949p:plain

両チームのベース

トルコ
  • 4-1-4-1の布陣がベース
  • ビルドアップ時はGKも使い、ピッチを広く使う
  • CFは攻め残りをして、ほとんど守備に関与しない
  • 守備時はミドルゾーンではゾーナル志向。撤退守備は人を捕まえる
イタリア
  • 攻撃時は左SBを上げて3-4-2-1に可変。守備時はそのまま4-3-3で行う
  • キエッリーニジョルジーニョを中心にボールを散らして隙を伺う
  • インシーニェは内側に絞ってシャドーのような動きをする
  • 守備時は3トップで中央封鎖して外誘導
  • 相手SHが狩り所で、SBが前に出てプレッシャーをかける

試合のあらすじ

前半
  • 互いにテンション高く入る。ボールが落ち着かない展開が10分ほどまで続く
  • それ以降はイタリアがボールを握り、撤退守備で耐えるトルコという形になる
  • ユルマズがほとんど守備をしないため、制限がかからず好き勝手されたことも一因
  • しかし中央に人を割く人海戦術守備を敢行。水際で守り切れていた
  • トルコは攻撃時に後ろで繋いでいたが、これは前進ではなく時間稼ぎが目的っぽい
  • 初戦なので負けたくない。レギュレーション的に失点したくない。なので堅い内容
  • イタリアは引いた相手を崩す兵器がないようにも見えた
後半
  • トルコが左SHにウンデルを投入。イタリアが右SBにディ ロレンツィオを投入
  • FW的な選手をSHに置き、チャルハノールをIHへしたので、攻撃的になったトルコ
  • しかしその分守備が脆くなり、人海戦術守備ができない状況に
  • 翻って、イタリアは右SBにも攻撃的な選手を入れたので、サイド攻撃がより強力
  • 結局トルコが瓦解して失点してしまう
  • ここからは集中が切れたことと、前掛かりになり始めるトルコ
  • しかも中盤の底を2枚替えした結果、守備陣の前にスペースが出来上がることに
  • 選手交代によって自滅したトルコという印象が強かった
  • しかしそれを仕留めるイタリアも強いなという感想

パスマップ

f:id:hiro121720:20210612132008p:plain
f:id:hiro121720:20210612132017p:plain
トルコ
  • 両CB+GKで主に回していた(後ろでのパス回しが多かった
  • 縦パスを入れていたのは主にソユンク
  • チャルハノールまではボールが集まるも、そこから先にパスが出ていない
イタリア
  • CB間でのパス交換が多い
  • ジョルジーニョボールを循環させている
  • 両サイドそれぞれでユニットができている
  • キエッリーニとインシーニェがいる左サイドが活発
  • 右サイドは直線的になっている