hiro's football report

国内外、カテゴリー問わなずサッカーのマッチレポート風なものを掲載

【2021 J1 第27節】横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ

f:id:hiro121720:20210828211826p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20210829160522p:plain

横浜F・マリノス

  • 前節から4人の先発メンバーを変更
  • 扇原がメンバーから外れる

鹿島アントラーズ

  • 前節から4人の先発メンバーを変更
  • 犬飼が出場停止から明けて先発へ復帰

同じ土俵だけどサイズが違う

サイドへ誘導したい vs サイドから攻めたい

f:id:hiro121720:20210831201901p:plain
f:id:hiro121720:20210831201909p:plain
  • チーム全体で中央を締める
  • 相手を外誘導し、全体がスライドしてスペースを消す
  • ウイングとサイドバックサイドを崩す
  • トップ下も絡み、クロスからの得点を狙う
  • 中央への縦パスも織り交ぜ、サイドのスペースを開かせる

 鹿島の守備は中央を締めての外誘導。なので、鹿島としてはサイドが奪い所になります。これはマリノスが相手だからというより、いつも彼らがしていることです。

 対するマリノスの攻撃は、サイドからが主。Football LABによると、今季の得点パターン最多の1つがクロスから。そしてクロス数もリーグ1位。この数字が示すように、サイドを崩してクロスを上げたいチームなのです。

 この両チームが当たった結果、当然のように主戦場はサイドになります。これは鹿島にとっても、マリノスのとっても本意だったでしょう。

 しかし、マリノス側にはちょっとした制約が…というのも、いつもは中央への縦パスを挟むことで相手を横に広げます。サイドのスペースを広げ、余裕を持って攻略する。けれども、この試合は中央への撒き餌ができない状況。相手が奪い所にしているサイドが狭くなってしまいます。その結果、いつもより狭い空間でのプレーがこの試合に求められました

 サイドという同じ土俵なのに、鹿島は10使える。それに対して、マリノスは9しか使えない縛りプレイ。この状況で迫られるときついですよね。しかも2点リードした段階でディフェンスラインが下がります。こうなると、大然や仲川が背後を取ることが難しくなります。土俵が更に狭くなり、8どころか7くらいしか使えないように。それでもサイドからの攻撃を選んだのには、ちゃんとした理由があります。

自他共に認める弱点

f:id:hiro121720:20210831203731p:plain
f:id:hiro121720:20210831203744p:plain
  • 鹿島はサイドに人数かけると、センターバックが出て対応する
  • その間を埋めるのはボランチの役目
  • なので、サイド深くえぐると相手ディフェンスラインはぺったんこになる
  • マイナスが空くので、ここからのミドルシュートが効果的

 マリノスとしてはマイナスを突いて得点したかった。マルコスの惜しいシュートも、和田が誰もいない中央へ折り返したのも、これが理由だったと思います。再現性があったからこそ、チームとして狙っていたことだったのでしょう。

 しかし、これは鹿島も認識している構造上の弱点。彼らからしても予想の範疇です。この攻撃方法は効果的ではありますが、大量得点は狙いにくいです。実際、試合の展開もジリジリと拮抗したものになってましたよね。

--相手のスライドでスペースがなく、崩せない状況だった中で、どう打開するイメージを持っていましたか?

焦れないことを意識し、相手がズレたところを突いていこうと、プレーしていたのですが、軽い失点で相手にブロックを作られてしまいました。

(中略)

一発のミスで失点をしてしまうと、自分たちの攻撃も変わってしまいます。そこは修正しないといけません。ちょっと(ゲームプランが)狂ってしまいました

 仲川のコメントがこちら。失点後に攻撃方法を変えたいということから、元々予定していた攻めはロースコアで遷移させるものだったことが伺えます。前述した通り、このやり方では大量得点を目指せないですからね。しかし実際は、先に2点を奪われる展開に。こうなると、攻撃方法を変えてリスクを負う必要がありますよね。

殻を破り切れなかったマリノス

 後述しますが、本来用意していたプランは奇襲になります。その方法で点が取れるのは、精々1,2点が関の山でしょう。相手に2点奪われた段階で勝ちにいくのならば、それまでに1点は返す必要があります。

 当初の攻撃方法はロースコアでいくもの。リードした鹿島は下がり気味になるので、得点の難度はより上がります。そうなると、加点のためにリスクを冒した攻撃に出るしかありません

f:id:hiro121720:20210831210610p:plain
f:id:hiro121720:20210831210622p:plain
  • 2失点後~前半終了まではリスクを冒して高い位置をあまり取らなかった
  • その結果、ウイングが孤立気味になって打開できなくなる
  • 後半に入ってから高い位置でのプレーが見られるようになる

 しかし、一番得点が欲しかった2失点後~前半終了までにそういったことはあまり見られませんでした。

 リードした相手はラインブレイクのタイミングが早くなります。前線が背後を狙うとライン間が開くので、そこに入ってボールを受ける選手が出てくると効果的です。

 特に後ろは實藤と岩田になったので、ビルドアップの初期段階は彼らに任せることができます。そうなるとボランチの片方は組み立てではなく、崩しに関与することができる。天野か喜田はもっとライン間に顔を出してよかったと思います。

サイドにボールが入ったときに僕や、マルコス(ジュニオール)、キー坊(喜田 拓也)も含めて、相手のポケットにポジションを取れれば良かったのですが、そこまでサポートに行くことができず、サイドの選手を難しい状況にさせてしまったと、感じています。後半、相手が疲れたのもあり、自分たちが押し込んでペナ角あたりでの崩しはできたので、もっと早い段階から崩していかないといけなかったです。

 コメントから察するに、天野はこの状況を認識していたようです。しかし、行動に移すことができなかった。

 タイミングとしては難しかったと思います。飲水タイムは終了している。ピッチにいる選手たちで考えなければならないが、それを共有する機会がない。連戦による疲労から、思考が追いつかないこともあったでしょう。こういったことから情状酌量の余地はあります。

 しかし、この時間に勝つためのプレーが見られなかったのは、個人的には非常に残念でした。得点が奪いにくいやり方なのに、2失点してしまう。この時間での2点差はやんごとなき事態なのです。後先考えずに攻撃すべき状況なのに、それができなかった。もっと勝利への執念が見たかったです。

空気が一変した選手交代

キャラとベクトルの変更

 苦戦していたマリノスですが、前線の3枚替えによって空気が一変します。

f:id:hiro121720:20210831211805p:plain
f:id:hiro121720:20210831211827p:plain
  • 先発した大然や仲川はスピードによって相手の背後を狙う動きが得意
  • 交代したエウベルや水沼は足元にボールを受けて仕掛けることが得意
  • 得意な攻めのベクトルが真逆になるので、相手守備陣は対応の調整に苦心する

 理由はキャラ変だと思います。得意とする攻撃方向が真逆なので、対応する側はまぁ大変。最初はどのくらい間を空ければいいのか。いつ詰めてボールを奪うべきか。間合いの取り方が大きく変わります

 この変化にまごまごしてる間、得点を掻っ攫う。まさに奇襲ですよね。これが交代が刺さった理由であると共に、マリノスの狙いだったでしょう。

 しかし、時間が経つと相手が慣れてしまいます。そうすると再び崩すことが大変に。だからこそ、水沼の決定機逸は痛手でした。

本来のプランや如何に

 さて、ここまでをまとめると、マリノスはこんなことがしたかったのではないでしょうか。

  1. サイドからじっくり攻めることにより、ロースコアで試合を遷移させる
  2. 連戦も相まって、鹿島のやり方は両翼が疲れやすい
  3. 疲弊したタイミングで前線を一気に変更。奇襲で勝ち越しを狙う

 交代前はミドルサードでボールを保持。大然や仲川の速さを活かし、一気に裏抜けを狙う。交代後は敵陣でボールを保持。相手を押し込み、水沼やエウベルのクロスで攻める。この振れ幅ある攻撃を予定していた

 しかし、前半のうちに2失点。3枚替えのプランは早まってしまいます。本当は相手が疲弊する70分くらいまで引っ張りたかったでしょう。あくまでこの手法は奇襲。短い時間しか効果がないですからね。

 この狂い具合からも、2失点したあとに何としても1点返しておきたかったことがわかるかと思います。そこを空白の時間にしたのは、もったいないなと感じてしまいました。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

厳しい日程と素晴らしい成果

 失点シーンは畠中やマルコスのミスだったでしょう。これを攻めることは簡単ですが、失敗の理由を選手たちは重々承知しているはず。連戦の疲労は心身共にくるものなので、ミスはどうしても起こってしまいます。何より、悔しさを感じているのは彼らでしょう

 振り返ってみると、8月の4+3連戦は5勝1分1敗という好成績。これだけの日程なのに、落としたのはたったの4ポイントです。最後に負けたことと、相手が鹿島だったので苦い印象がついてしまいますが、これは本当に素晴らしい結果です

 マリノスには相手のやり方を変えさせるすごさがあります。鳥栖なんか普段と全然違うサッカーでしたよね。また、やり方を変えてこない相手は力で粉砕する強さがあります。仙台戦なんかまさにそうだったでしょう。

 しかし、この試合の鹿島はいつも通りのやり方でした。そして、それを粉砕できなかった。こんなことができる相手は、残りのチームだと川崎くらいです。なので、この敗戦を引きずる必要はないと思います。

 将来的にはこういうチームにも勝てるようになりたいですが、ここで勝てなかったからといって優勝を諦める必要はないかと。精一杯悔しがり、前を向いて歩んでいきましょう。

【2021 J1 第26節】サガン鳥栖 vs 横浜F・マリノス

f:id:hiro121720:20210827155116p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20210827155723p:plain

サガン鳥栖

  • 前節から2人先発メンバーを変更
  • 小泉を初めて右CBで先発起用

横浜F・マリノス

  • 前節から2人の先発メンバーを変更
  • この日もチアゴはメンバー入りせず

勝つための覚悟を持った鳥栖

ハイプレスを選択させたという考え方

f:id:hiro121720:20210827195832p:plain
f:id:hiro121720:20210827195842p:plain
  • 全選手を相手選手にあてはめるマンツーマンでハイプレスを実施
  • 最後方も同数なので跳ね返せるかが大事
  • もし抜かれたり競り負けたりすると、大ピンチに直結する

 鳥栖はマンツーマンによるハイプレスを実施。前だけではなく、最後方も同数になることを許容します。これは札幌が採るやり方とほとんど同じです。札幌にとってはお馴染みの守り方ですが、自分が見てる限り鳥栖はこのような守り方をあまりしていませんでした。強力なフォワードに対し、鳥栖の守備陣では心もとない場合がありますからね。しかし、なぜそのようなリスクある守備方法を採用したのでしょうか。

前回対戦ではリスペクトし過ぎて、失点はたくさんしなかったですが、なかなか勝機を見いだすことができなかった横浜FMさんに勝つために」というところで、高い位置で引っかけることで得点するチャンスは必ず生まれると確信していましたし、実際にそういうチャンスも来ました。

 金監督のコメントにその理由がありました。前回は負けないために戦った。しかし、今回は勝つために戦ったということでしょう。そのため、慣れないオールコートマンツーを選択しました。

 上図にあるよう、失点シーンはマンツーマンのリスクが表面化していました。しかしこれで鳥栖のハイプレスが止むわけではありません。リスクある選択をしているので、当然こういうことも起こるだろう。そう捉え、くじけずに得点を狙いにきます。

 今回は極端でしたが、マリノス相手にハイプレスを仕掛けてくるってお馴染みですよね。鳥栖としては一大決心だと思いますが、受ける側としては『いつものやつ』という感覚です。

 マリノスは相手がハイプレスを仕掛けてきても繋ごうとしますよね。「危ないなら蹴ってしまえばいいじゃないか」と思うかもしれませんが、やり方が定まらないと相手の出方も変わってきます。マリノスが繋ぐという保証があるからこそ、相手の採る方法も限られるのです。ある意味で、プレーを強要してることになりますよね。これが強みの1つだと思います。

やれてないけど、やられてもない

 では、今回のハイプレスへの対応はどうだったのか。個人的には悪くなかったと思います。マリノスが本来やりたいことはできなくとも、鳥栖が狙っていたこともさせなかったからです。

f:id:hiro121720:20210827203205p:plain
f:id:hiro121720:20210827203213p:plain
  • 鳥栖の狙いはハイプレスからのカウンター
  • なので、中央付近で奪われるとピンチになりやすい
  • サイドや敵陣でロストする分には割と安全
  • 蹴ったとしても、鳥栖は保持を目指してないので痛手にならない

 鳥栖の狙いはショートカウンターです。そのため、ゴールに近い中央で失うと危ない状況。しかし、ゴールから遠いサイドや敵陣なら、ロストしても守備を整える時間が作れます。基本的にマリノスは外で伺いつつ、中央へのパスは丁寧に行っていた印象です。外回しのパスが多かったのは、リスク管理をしていたからかもしれません。

 さて突然ですが、相手のプレスに屈して大きく蹴るのは、必ずしも良くないと言えるでしょうか?ボールを蹴るということは、自分の攻撃時間を短くすることになります。相手にボールを渡すので、敵の攻撃時間が増えます。そうなると、ボールを保持されて押し込まれてしまう。蹴ることにマイナスイメージを持つのは、これらが主な理由でしょう。

 しかし相手が保持することを選択しない場合、こちらが蹴っ飛ばしたボールはすぐ返ってきます。つまり素早い攻めを志向する相手なら、蹴とばすことのデメリットが出づらくなります

 今回の場合、鳥栖はハイライン裏を素早く攻めてきました。そこにマリノスのハイプレスが加わることで、攻撃時間の短さに拍車がかかります。しかも相手はボールを敵陣で奪いたい意図がある。これらを加味すると、蹴とばすことは悪くない選択肢なのです

 マリノスも繋ぐことを目指してるので、蹴とばすのは不本意なプレーです。しかし、鳥栖にとっても不本意な形になるので、極端な不利にはならない状況。サイド中心に攻めることも、敵陣に蹴とばすことも、互いにとってイーブンだったと言えるかもしれません。

 そのまま試合が動かなければ、当然どちらかが変更を加える必要があります。マリノスがある程度無理して繋ぐとか、鳥栖が保持して相手を押し込むようにするとか。しかし先に得点が入ったことで、マリノスは同じやり方を継続することができました。五分な展開で挙げた先制点は、非常に大きなものになりました

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

面白いタイミングでの3点目

 鳥栖は樋口が退場して10人になりました。選手交代を行い、今季ほとんど行ったことのない4バックに変更。そもそもどういう布陣にするのか。マンツーだった守備はゾーンにするのか。試合中監督から伝えることは限られるので、チームとして意思統一したプレーができるのは、飲水タイムまでお預け状態です。

 こういった不安定な状況は、付け入る隙が多くなるもの。実際、飲水タイム後に鳥栖は布陣を変えてますからね。大畑や小屋松が監督に指示を仰いでたことからも、ある程度混乱していたことが伺えます。

 本来ならこの時間に得点を取りやすかったと思うのですが、実際は飲水タイム後に加点。ほんとサッカーってわからないなぁ、と思った瞬間でした。

【2021 J1 第25節】横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台

f:id:hiro121720:20210821223717p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20210822132837p:plain

横浜F・マリノス

  • 前節から2人先発メンバーを変更
  • 皓太が負傷明けでベンチ入り
  • アゴは負傷によりメンバー外

ベガルタ仙台

  • 前節から3人の先発メンバーを変更
  • オッティ、フォギーニョ、加藤がメンバー外

想定通りの守備と、想定外の攻撃力

前半は耐え忍ぶ展開

f:id:hiro121720:20210823204926p:plain

  • 4-4-2のブロックで中央を締める守備
  • ボールを奪ったら最前線へ蹴ることを優先
  • できれば相手センターバックと同数のときに蹴りたい
  • 試合をロースコアで進め、後ほど捲るプラン

 無理には攻めず、ある程度受ける形でしっかり守ろうという意思の仙台。ゴールキックも前に蹴るし、ボールを奪ってもクリアが多い。その目的はカウンターや陣地回復というより、自陣からボールを遠ざけることだったでしょう。

 後ろで繋ぐと時間を作れますが、相手に奪われると自ゴールが近い状態で攻撃されてしまいます。この日の相手はリーグ屈指の切り替え速度と、ハイプレス強度を誇るマリノスそんな相手に繋ぐことはリスク、という認識だったのでしょう。

「今、優勝も見えている横浜FMは乗せたら怖いぞ」という話をして、しっかりと守備から入ろうとしました。そして、手堅くロースコアでゲームを進めることで、我々が焦れずに焦れさせれば活路が見えてくるという展開から、前半はアンラッキーなかたちで失点して(以下略)

 手倉森監督のコメントからも、守備に重点を置きたかった意思が読み取れます。このやり方は、アウェーセレッソ戦と同じなんですよね。似た順位やチーム状況の大分とは真逆のアプローチです。このあたり、監督の色が出て面白いと思いました。

 しっかり守る仙台と、ボールを保持したいマリノス。両チームの思惑がぶつかった結果、マリノスが押し込む展開に。しかし、前半1-0での終了というのは、仙台にとってプラン内だったでしょう。

攻勢に出た後半と、痛すぎた2点目

f:id:hiro121720:20210823210145p:plain
f:id:hiro121720:20210823210156p:plain
  • 前半より繋ぐ意思が強くなった仙台
  • ゴールキックも余裕があれば繋ぐようになる
  • 自分たちの時間を作ることもできたが、奪われるリスクもある

 前半に比べ、後ろから繋ぐ意識が上がった仙台。相手のプレッシャーが厳しくないときは、バックパスも交えてボールを保持します。前半控えていたことでしたが、手応えからいける見込みがあったのでしょう。ずっと守り続けるのも、選手のメンタル的にきついですからね。

 これには手を焼きましたが、レオがとんでもないシュートで2点目を獲得。仙台は3枚替えを実施し、攻撃的な形に変更。ある程度守備を捨ててでも、得点を奪いにいきます。このタイミングで投入したことから、仙台は3点以上取ることが厳しいという認識だったのでしょう。本来であれば、もっと交代を引っ張りたかったのだと思いますが、そんなことを言ってられない状況に。

後半は引っかけた相手のボールをふたつ、みっつと繋げれば押しこめる時間が来ると。そういう攻勢に出かけた矢先での2失点目を食らったのがものすごく痛かった。0-0で、あるいはロースコアの0-1でゲームを進められていれば我々のメンタルも維持できていたところが、そこで心理的なバランスを欠いたことで、3失点目は自分たちがその時間帯まで後ろで持つことを避けてきた展開を相手にチェイシングされて与えてしまった3失点目で、大敗に繋がるようなプレーになってしまいました。

 ロースコアは1失点までという認識だったようです。2失点目が痛かったのは、精神的なバランスを欠くことになるから。というのも、仙台はここ最近複数得点が取れていません。そういった状況の中、2点取らないと勝点を持って帰れないスコアは焦りを生みます。

 「しっかり攻撃しなきゃ」、「もっと後ろから繋がなきゃ」、こういったプレッシャーの中、マリノスの猛プレスに襲われます。それが悪い形となったのが、3点目だったでしょう。これはただ失点しただけでなく、それまで繋げていたものが相手に奪われた。という意味でも精神的に大きなダメージを与えたはずです。簡単に言うと、繋ぐことへの恐怖を植え付けた。といったところですかね。

  • 攻撃的な選手にシフトした仙台
  • 繋げるという自信が失われる
  • スタミナがなくなりつつある後半半ば以降の時間
  • 徐々にオープンな展開になる試合
  • 選手の地力差

 これらのことから、マリノスに優位な状況だったと言えるでしょう。レオのミドルは本当に大きな得点だったと思います。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

押し込んだときの最適解や如何に

 基本的にはマリノスが押し込む展開になったこの試合。1つ気になったシーンがあります。

f:id:hiro121720:20210823211911p:plain

 大然がクロスを上げるシーンですが、中にいたのはレオとエウベルのみ。マイナスの位置に1人欲しかったシーンです。ボランチがいるとよかったですかね。

 この日のボランチは喜田と扇原。彼らは試合を安定させる力があり、被カウンター時などに頼れる存在です。しかし慎重になるきらいがあり、攻撃時も低い位置を取ることが多い。ボールが行き来する展開なら彼らは光るのですが、押し込んでるときには物足りなさを感じてしまいます

 ケヴィンが天野をボランチの位置に入れたのは、こういったことが背景にあったからでしょう。他にも、岩田や皓太は前へ積極的に出るので、押し込んでいる状況では優先して起用されるはず。状況や相手次第ですが、今後ボランチの先発も変わるかもしれないですね。