hiro's football report

国内外、カテゴリー問わなずサッカーのマッチレポート風なものを掲載

【2021 J1 第4節】横浜F・マリノス vs 浦和レッズ

f:id:hiro121720:20210314152930p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20210315112143p:plain

横浜F・マリノス

  • 前節から3人を変更
  • 負傷離脱していた天野がベンチ入り
  • アゴは開幕戦からずっと先発を継続

浦和レッズ

  • 前節と同じメンバー
  • 今回は小泉をトップ下、明本を右サイドハーフでスタート
  • 前節復帰した興梠はメンバーから外れる

試合のポイント動画

スピード解決したマリノス

自分が試合前に思っていたこと

 いつもやってることなのですが、浦和も事前に試合を確認。その中で印象的だったのが鳥栖戦。浦和がマンツーマンに苦しみ、ビルドアップがままならない状態でした。「それなら我らもマンツーマンで苦しめればいいのでは?」そんなことが頭をよぎります。

f:id:hiro121720:20210314232914p:plain
f:id:hiro121720:20210314232924p:plain
POINT

3-3-1-3だと浦和のビルドアップ陣形にピッタリ噛み合う

 裏ははビルドアップ時、左図のように選手が位置取ることが多いです。サイドの選手は内外逆になることがありますけどね。どちらにしろ、ビルドアップ隊は2センターバックとWボランチの4人。初期段階でサイドバックにつけることがあまりないので、中央からの前進が主なルートになります。

 さて、この形だと開幕戦で見せた3-3-1-3がピッタリ噛み合うんですよね。阿部が下りない場合はこちらのウイングが見るかどうか悩みますが、ファジーになりそうなのはそこだけ。他のところも割り切ってついていけば、そこまでマーク相手に迷わないでしょう。

 「3バックも試せるちょうどいい機会なのでは?」と思いましたが、スタメンを見ると岩田はMF登録。「あー、たぶん4-2-1-3だな。けど岩田の立ち位置次第では、自然とこの形にならなくもないか」そんなことを考えていた試合前。始まると違うアプローチだったことに少々面を食らいました。

君が位置的優位を取るのなら、僕はスピードでそれを破壊する

 布陣はやはり4-2-1-3でした。そしてそのままハイスピードでプレスを開始。動画にした通りなのですが、かわされることもあれば、奪えることもありました。これはマリノスのスピードと、浦和の成熟度に依るものだと思います。

  1. 次にどこへパスを出すか考える時間が短くなる(思考時間が問われる)
  2. ボールコントロールからパスまでの時間が短くなる(技術力が問われる)

 敵が自分のところまでくる時間が早いということは、次に行動する意思決定時間と、行動に移すための動作準備時間が短くなるということ。

 前者は、素早い思考を強制することになります。事前に準備をした人でも、唐突に短い制限時間になるとあたふたしてしまうもの。『テンパった状態』にさせる、と言えばイメージしやすいですかね。

 後者は、無理な体勢でパスやトラップを強いることになります。ボールをトラップして、次の選手へパスを出す。いわゆるトメルケールってやつですね。この動作を素早く実行するには、それなりな技術が求められます。それとは別に、長いボールを蹴るには大きな振り足がいるので、そういったものを抑制する効果もあります。

 マンツーマンで行動の自由を奪った鳥栖に対し、マリノスはスピードによって時間の自由を奪いました。このアプローチの違いは、実にマリノスらしいやり方だと思います。

 技術力はさておき、判断についてはチームが成熟すると短くなることがあります。この場合はここへ動くからそこへ出せる。出し手と受け手の動きが自動化されている場合ですね。ただ、リーグ戦はまだ4節。昨季からメンバーが入れ替わったこともあり、まだそのやり方を模索している段階です。この段階では、マリノスのプレスに耐えきれるほどチーム作りが進んでいなかったようです。この時期に当たれてラッキーでした。

 ただ、現段階でもこちらのプレスが外されることがあったので、進み具合は非常に早いと思います。既に位置的優位をどうやって作るかが共有されてるのは、恐るべしリカルド監督といったところでしょうか。次回対戦が怖いです…

後半に浦和が変わったこと

前半に見えた予兆

 後半になってボランチ2枚を代えた浦和。人が変わり立ち位置も変わったため、前半とは違うアプローチをするようになります。しかし、前半にも似たようなことがありました。これがきっかけになったのかもしれないですね。

f:id:hiro121720:20210315000420p:plain

  • 汰木が内側に絞り、杉本が1列下りてくる
  • 小泉が下りないので、中央の相手が多い
  • マリノスボランチ前に出てアプローチしづらくなる
  • 明本が裏抜けを狙って守備陣を押し下げようとする

 簡単に言うと、マリノスのライン間に人をたくさん置いてボランチを困らせよう!というものです。

 この状況が作れると、浦和のビルドアップ隊とこちらの前線が同じ人数になります。なので+1になるよう動くと、プレスをかわしやすくなりますよね。それはキーパーを交えてもいいですし、前から下りてきてもOKです。このシーンでは宇賀神がいました。

 そこから前進できたわけではないですが、相手ファーストラインを越えることはできました。ビルドアップの第一関門突破といったところです。これを念頭に置いて後半の変化を見てみましょう。

前線の人数を増やしたい浦和

f:id:hiro121720:20210315001325p:plain

  • 小泉をボランチに置くことで、トップ下が下りなくてもボールを前進できるように
  • 杉本がトップ下になったので、下りても最前線に人がいる状態が作れる
  • 最前線に入った明本は裏抜けを狙って守備陣を押し下げる
  • 宇賀神は前半より下がってボールを受ける回数が増える

 浦和は後半から小泉をボランチ、杉本をトップ下に変更。ビルドアップ能力の高い小泉を最初から低い位置にすることで、前線の人数が減ることを回避。ただ、中央のルートがボランチの2通りになると前半よりパターンが減るので、宇賀神が下がって3つ目を作るようになります。

 下がってくる宇賀神、スペースに顔を出す小泉、持ち上がる岩波。エウベルの周りにはこれだけの選手が入ることになります。プレス基準が定まらず、中途半端な対応になることもありましたよね。このあたり、相手の変化を見て声を掛けられる選手がいたらな…と思ったり

 杉本をトップ下にしたことも前線を削らない工夫だったでしょう。小泉と同じく、下りて受けるのなら最初からそこにしちゃえばいいじゃないか。ということで、明本を最前線に入れます。彼が狙うのは背後への抜け出し。これによって相手ディフェンスラインが下がれば、杉本や汰木が入るスペースが広がります。下がらないのなら、そのまま裏を狙っちゃいましょう。

 このやり方は中央や前線に人数をかけるやり方なので、局面が切り替わったときもいいことがあります。前から人数をかけた守備をする。中央からの突破を予防できる。総じて、相手を敵陣に押し込めることが狙いだったのだと思います。

浦和が求める試合のペースって何だろう?

 そうやって押し込める仕組みは作ったのですが、実際そうはなりませんでした。マリノスはこの日も元気にハイライン。そのコンパクトネスは、恐らく福岡戦を越えるものだったでしょう。

 相手の第一ラインを突破。フリーな状態を活かして背後へロングボール。中央から抜けたので、逆サイドのフリーな選手へ展開してからクロス。こういった速攻がメインになり、敵陣で攻撃をやり直す回数は多くなかったように思います。

 互いに早く深く攻めることで、ボールが何度も両陣営を行き交うことに。縦に間延びした状態で展開が早くなるのは、マリノス得意の状況。結果的に、こちらの土俵で戦う時間が長くなりました。後半はやりやすかったでしょう。

 山中が高い位置を取ることもあり、こちらへ展開する頻度が高かったです。左サイドは昨季ファストブレイクを叩き込まれたコンビ。これが縦への速さが増した要因の1つでしょう。マリノスの背後にはおいしそうなスペースもたくさんありますしね。そのあたりマリノス同様、ピッチ上の監督が不在になった影響があるのかもしれません。(たぶん浦和だと阿部なのかな?)

 いずれにせよ、新旧入り混じる過渡期のチームだという印象でした。まぁマリノスも偉そうなこと全然言えないんですけどね…自分たちも頑張らなきゃ…

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

自分とは違う解決策を提示

 この試合で行われたことも、自分が事前に考えていたことも、『浦和のビルドアップをプレスによって苦しめる』という点は共通してました。ただ、そのアプローチが違うだけ。これもサッカーの面白いところですよね。

 相手を見て、自分たちがやりやすくするにはどうすればいいかを考える。今季継続していることは、徐々にいい方向へ進んでいるように思います。(まぁ今のところ従来のマリノスに近いということもありますが…)それでも、昨季とやっていることは変わっているのです。

 前半最初の方にオビがテル目がけて長いボールを蹴ったあと、次は扇原からエウベルへサイドチェンジ。今季の俺たちは長いボールも使うんだぜ、というアプローチが見れたのも、変化の1つなのかなと。

 型に縛られず柔軟に対応すること。今季のテーマを追求する旅はまだまだ続きます。連戦も次で一旦途切れます。連勝と続け、結果と自信を胸に進化し続けましょう!