hiro's football report

国内外、カテゴリー問わなずサッカーのマッチレポート風なものを掲載

【EURO2020】 観戦メモ Group League Day1

Group A トルコ vs イタリア

f:id:hiro121720:20210612131937p:plain
f:id:hiro121720:20210612131949p:plain

両チームのベース

トルコ
  • 4-1-4-1の布陣がベース
  • ビルドアップ時はGKも使い、ピッチを広く使う
  • CFは攻め残りをして、ほとんど守備に関与しない
  • 守備時はミドルゾーンではゾーナル志向。撤退守備は人を捕まえる
イタリア
  • 攻撃時は左SBを上げて3-4-2-1に可変。守備時はそのまま4-3-3で行う
  • キエッリーニジョルジーニョを中心にボールを散らして隙を伺う
  • インシーニェは内側に絞ってシャドーのような動きをする
  • 守備時は3トップで中央封鎖して外誘導
  • 相手SHが狩り所で、SBが前に出てプレッシャーをかける

試合のあらすじ

前半
  • 互いにテンション高く入る。ボールが落ち着かない展開が10分ほどまで続く
  • それ以降はイタリアがボールを握り、撤退守備で耐えるトルコという形になる
  • ユルマズがほとんど守備をしないため、制限がかからず好き勝手されたことも一因
  • しかし中央に人を割く人海戦術守備を敢行。水際で守り切れていた
  • トルコは攻撃時に後ろで繋いでいたが、これは前進ではなく時間稼ぎが目的っぽい
  • 初戦なので負けたくない。レギュレーション的に失点したくない。なので堅い内容
  • イタリアは引いた相手を崩す兵器がないようにも見えた
後半
  • トルコが左SHにウンデルを投入。イタリアが右SBにディ ロレンツィオを投入
  • FW的な選手をSHに置き、チャルハノールをIHへしたので、攻撃的になったトルコ
  • しかしその分守備が脆くなり、人海戦術守備ができない状況に
  • 翻って、イタリアは右SBにも攻撃的な選手を入れたので、サイド攻撃がより強力
  • 結局トルコが瓦解して失点してしまう
  • ここからは集中が切れたことと、前掛かりになり始めるトルコ
  • しかも中盤の底を2枚替えした結果、守備陣の前にスペースが出来上がることに
  • 選手交代によって自滅したトルコという印象が強かった
  • しかしそれを仕留めるイタリアも強いなという感想

パスマップ

f:id:hiro121720:20210612132008p:plain
f:id:hiro121720:20210612132017p:plain
トルコ
  • 両CB+GKで主に回していた(後ろでのパス回しが多かった
  • 縦パスを入れていたのは主にソユンク
  • チャルハノールまではボールが集まるも、そこから先にパスが出ていない
イタリア
  • CB間でのパス交換が多い
  • ジョルジーニョボールを循環させている
  • 両サイドそれぞれでユニットができている
  • キエッリーニとインシーニェがいる左サイドが活発
  • 右サイドは直線的になっている