hiro's football report

国内外、カテゴリー問わなずサッカーのマッチレポート風なものを掲載

【2021 J1 第15節】横浜F・マリノス vs 柏レイソル

f:id:hiro121720:20210522192308p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20210522192338p:plain

横浜F・マリノス

  • 前節から1人先発を変更
  • 仲川が負傷離脱以来、リーグ戦ベンチ入り

柏レイソル

  • 前節から4人先発を変更
  • システムも3バックから4バックへ

誘導する柏とハマるマリノス

柏の守備とマリノスの攻撃

f:id:hiro121720:20210524153554p:plain
f:id:hiro121720:20210524153618p:plain
  • ハーフェーライン付近に4-4-2のブロックを形成
  • 前の4人は積極的にボールへ寄せる
  • 2トップは相手アンカーを見て中央を封鎖
  • ディフェンスラインを高くしてコンパクトな陣形を維持
  • 相手が裏抜けしようとすると即座にラインを下げる
  • ボランチの片方が上がってトップ下と一緒に相手ボランチを押し込む
  • サイドバックは低い位置から縦へ一刺しを狙う
  • 背後のスペースが空いているので、両翼は積極的に裏抜けを狙う
  • 結果として、長めのボールでウイングが背後を狙うことが多くなる

 相手を中央付近まで押し上げさせるため、低い位置へプロックを形成。間にボールを通されないよう高いディフェンスラインを維持。マリノスの選手たちが持つパススキルと、前線の選手の特徴を考えたら、攻撃手段は縦への一刺しが多くなりますよね。恐らくこれは柏がそういう攻撃方法へ誘導しているのだと思います。

 その証がディフェンスライン撤退の速さ。「はいはい、どうせ背後でしょ。わかってますって」そんなセリフが聞こえるかのような対応の良さ。絶対に背後は取らせないという思いと共に、相手の予定通りになっていると感じました。どんな攻撃であれ、事前に予測ができていれば守りやすいですからね。

 マリノスの今季のやり方は、リスクヘッジが大きなテーマとして掲げられています。また、大然やエウベルはスピードのある選手。それを踏まえると、まぁこうなりますよね。読まれた上で突破するには、圧倒的な個の力が必要になります。エウベルが古賀をちぎったシーンなんかわかりやすいですよね。ああいったところに頼るやり方は、昨季自分たちが対策されたことに似ていたように思います。

マリノスの攻撃方法を限定する柏の攻撃

f:id:hiro121720:20210524172918p:plain

POINT

無理して繋がず蹴り出すため、ショートカウンターの機会が激減する

 柏は必ずしも後ろから繋ぐことを目指しませんでした。相手に寄せられてパスコースがない場合、無理して繋がず最前線の細谷へ当てる。こういったことでリスクを回避していました。

 もちろんカウンターのために長いボールを使うという目的はあるでしょう。しかし、どちらかというとマリノス相手にショートカウンターをされたくない。だから怖いときはとりあえず蹴ろう。ということがチーム内で統一されていたように思います。基本的に細谷目掛けて蹴ってましたし、受ける側も準備できていましたからね。

 繋がず蹴るので、マリノスのハイプレスに引っかかることがほとんどない。そうなると、ショートカウンターという攻撃方法が取れませんよね。先ほどは柏の守備でマリノスの攻撃方法が限定されていると言いましたが、相手の攻撃でもマリノスの攻撃方法が限定されることに。

 一見するとボールが両陣を行き来するスピーディーな展開なので、「ある程度うまくいってるんじゃない?」と見ることもできます。しかし柏によって攻撃方法を限定されているので、試合をコントロールしていたのはマリノスではなかったでしょう。これは自分たちのサッカーとは違いますよね。

狙う場所は同じだけどルートが違う

後半から変更したポイント

f:id:hiro121720:20210524174140p:plain
f:id:hiro121720:20210524185638p:plain
  • 長いボールをウイングに入れることをやめる
  • 中盤を経由して、段階的にサイドを攻略
  • ボールに関わる人数が増えるので、コンビネーションによる打開が可能になる

 一発での攻撃が読まれているのなら、段階的な攻撃に切り替えればいいじゃない。ということで、サイドバックから縦へ一刺しする頻度が減りました。だからといって攻めるエリアが変わったわけではなく、サイド深い所を目指します。

 短いパスの連続になると、長いパスに比べて前線に人数をかけることができます。前半は圧倒的な個で攻めていましたが、後半はコンビネーションによる打開を目指せるように。これによって前半より相手を押し込むことに成功しました。

f:id:hiro121720:20210524174832p:plain
f:id:hiro121720:20210524174842p:plain
左:松原のタッチマップ 右:ティーラトンのタッチマップ
POINT

前半に比べ、後半は前でボールを受ける数が増加

 ちょっと松原の方は変化が見づらいですが、試合中の動きを見ると前目に位置していることがわかります。チアゴが持ち上がる頻度が増加しているのは、そこに松原がいなかった証。高い位置でのプレーが増えたことを裏付けています。

 ティーラトンはタッチマップで一目瞭然ですよね。長いボールが減り、前で崩しに関わる機会が増えていることが伺えます。

パスソナー図とパスマップで比較

 前半0~25分後半45~70分に関して、パスソナー図とパスマップを作成しました。パスの種類や、前進ルートがどのように変わったか見ていきましょう。

パスソナー図
f:id:hiro121720:20210524175232p:plain
f:id:hiro121720:20210524175244p:plain
左:ポジション別 右:エリア別
  • 長いパスやパスミスが多い
  • 特に前向きのパスに該当する
  • パスを回しているエリアも低い
  • 長いパスやパスミスが減る
  • ディフェンスラインの選手たちの横パスが増加
  • パスを回しているエリアが前半より高くなる
パスマップ
f:id:hiro121720:20210524175713p:plain
f:id:hiro121720:20210524175723p:plain
左:前半 0~25分 右:後半 45~70分
  • 『チアゴ→畠中→ティーラトン⇔天野』のルート
  • 『喜田→松原⇔エウベル⇔マルコス』のルート
  • 右サイドでの攻撃が中心だった
  • 畠中-チアゴ間のパス交換が少なく、後ろで伺う時間が少なかった(押し込んでいない)
  • ディフェンスライン+喜田の5人で頻繁にパス交換をしている
  • つまり、後ろで回して相手を伺う時間が増えた(押し込めている)
  • ティーラトンから大然やマルコスへのパスが増加(パスが安定して通るように)
  • 左サイドでの攻撃が中心になる

 前半主に攻撃していたのは右サイド。というのも、左サイドはティーラトンから大然の背後へ一発が多く、そのパスがあまり通っていなかったから。反対に右サイドはエウベルの足元に入ることもあり、彼が踏ん張って時間を作ってくれたからになります。

 それが後半になると逆転。ティーラトンが高い位置でボールに絡むようになったため、天野やマルコスと共にコンビネーションでサイドを崩せることに。ボールが高い位置で落ち着いたので、相手を押し込む時間が増えましたその結果ディフェンスラインや喜田とのパス交換が増え、後ろで左右に揺さぶりながら相手を見るようになったことがわかります。

 ただサイドバックが高い位置を取るので、その分カウンターを受けたとき脆くなるというリスクもあります。前半に比べて致命的なシーンが多かったのはその影響があるからでしょう。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

すさまじい走り合い

 相手のセンターバックは両方とも10km越え。これはマリノスの選手とほとんど同じ記録になります。高いラインで相手を誘導し、すぐさま下がって跳ね返す。いわゆるシャトルラン状態だったことが伺えます。それでも最後まで走り切れた彼らは素晴らしいパフォーマンスでした。

 走力マリノスの大きな武器の1つです。そこで圧倒できず、最後まで食らい付かれました。これは相手の出来がよかったことの証左でもあるでしょう。これから暑い時期になりますが、どこまで走れるかも大事になってきますよね。

残る課題は崩しのフェーズ

 前半は崩しの前のフェーズで詰まっている状態。後半は問題を解決し、崩しで詰まった状態でした。前後半で状況を良くしたので、試合を通し1つは課題をクリアしたと言えるでしょう。

 あとは押し込んだ相手をどう攻略するか。という湘南、セレッソ、仙台戦と同じ課題を突き付けられた形になります。スペースが狭い中でどうやってプレーするか、ここは大然とエウベルがぶつかっている次の壁でしょう。大然は去年の終盤のように中央にずっといましたからね。そういう環境でも比較的うまく動けるのが仲川。彼の復帰は今後生きてくる場面があると思います。

 相手に攻撃方法を誘導されるほど、今のマリノスは対策されているということになります。ここまで徹底されたのは今季初めてじゃないですかね。相手を崩しきれませんでしたが、マリノス対策はそれなりに乗り越えられたことを忘れないようにしたいです。昨季に比べて対応力は上がっていると思います。

【2021 J1 第14節】鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス

f:id:hiro121720:20210515172149p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20210515172211p:plain

鹿島アントラーズ

  • 前節から6人を先発変更
  • 注目の上田はベンチスタート

横浜F・マリノス

  • 前節と同じ先発メンバー
  • ベンチメンバーも同じ

今季マリノスの守備原則

 今季のマリノスは、守備で出ていくときとブロックを作る使い分けをしている。こういったことは選手コメントでよく見ますよね。では具体的にどうやっているか、それぞれ見ていきましょう。

ハイプレスの原則

f:id:hiro121720:20210518001707p:plain

  • ブロックが形成されてからプレスを開始
  • 前の選手が出ていった場合、縦にスライドしてプレスをかける

 マリノスがプレスを開始するのは、ブロックを形成してからが基本原則です。バランスを崩して取りに行く場合もありますが、今季その数は減っているでしょう。

 プレスをかける方法は主に縦ズレ。大然が相手センターバックへ寄せたとき、空いたサイドバックティーラトンが出ていく。こういった光景はよく見られますよね。サイドバックが躊躇なく出ていけるのは、3バックでの特訓があったからでしょう。(詳しくは昨季アウェイ名古屋戦の記事にて)

 この縦ズレは最終ラインまで波及しますボランチの選手が前に。そこに連動してセンターバックも出ていきます。一番後ろが同数ってこと、結構ありますよね。これが今季マリノスのプレスのかけ方になります。

ブロック守備の原則

f:id:hiro121720:20210518001821p:plain
f:id:hiro121720:20210518001831p:plain
  • ポジションバランスが整っていない状態でボールを失った場合
  • まずは最終ラインとボランチの選手が元の立ち位置に戻る
  • 後方のブロックが形成されてから前に出てプレス開始
  • 前線の選手はボールホルダー目がけてプレスバックを敢行

 今季のマリノスはブロックを作る意識が高いです。陣形が崩れている状態でボールを失った場合なんか顕著ですよね。ブロックを作るまでの間、守備ラインは下げ続けます

 このとき戻る位置はオリジナルポジションがベースただし、そこに縛られるのはディフェンス陣とボランチの選手のみ。前線の4人はボールホルダー目がけて猛スピードでプレスバックします。大然やオナイウのボール奪取が目立つのは、これが理由の1つでしょう。

 ブロックが整ったら前に出てボールホルダーに圧力をかけ始めます。これが前線のプレスバックと重なったとき、挟み込んでボールを奪う形に。前線の戻り人数が多いと、まるでゲーゲンプレスをしているように見えます。

 守備ラインを下げながらブロック形成してるので、相手を自陣深くまで入れてしまうデメリットがあります。しかし、不用意に背後を抜かれる可能性は下がるので、安定した守備を行えることがメリットに。スコーンと裏を抜かれる頻度は今季激減してますよね。

鹿島戦での守備はどうだったか

 さて、前述した守備原則を頭におき、鹿島戦ではどうだったか振り返ってみましょう。

捕まらない荒木

f:id:hiro121720:20210518001650p:plain
f:id:hiro121720:20210518002058p:plain
  • 縦ズレの原則により三竿へ出ていく扇原
  • これに連動するのは畠中なので、荒木へ意識が傾く
  • 背後にスペースができるので、2列目の選手が斜めに走って狙う

 この試合、ライン間にいる荒木が厄介でした。縦ズレの法則があるので、相手ボランチに出ていくことが多い喜田と扇原。そうなるとセンターバックの前にスペースができあがりますよね。そこにスルスルっと侵入したのが荒木。フォワードの選手なのでセンターバックが前に出れば対応可能です。しかし、鹿島は荒木の動きに連動して前へ出る選手が…

 それが両翼の松村&白崎です。センターバックが出ていった、または留まった背後を狙ってランニング。これが嫌で下がると荒木がフリーに。しかし上がると裏を取られる。マリノスにとってトップ下の選手って捕まえにくいんですよね。実際、セレッソ戦の清武、仙台戦の赤崎には手を焼きました。これは事前のスカウティングが奏功した形だったでしょう。

2失点目と3失点目について

f:id:hiro121720:20210518002211p:plain
f:id:hiro121720:20210518002219p:plain
POINT

CBが前に出た(留まった)ため、背後のスペースを相手に与えてしまった

 2失点目と3失点目は、同じ形で相手に背後を抜かれてしまいました。前者は松原が白崎との競り合いに負けて、後者は土居に喜田の背後を取られたことでピンチに。それぞれセンターバック前向きな対応を決断しました

 今季の原則に沿うと、このときセンターバックには2つの選択肢があります。前に出るか、後ろに下がるか。では、後者にしたらどうだったでしょう。

f:id:hiro121720:20210518002518p:plain
f:id:hiro121720:20210518002528p:plain
POINT

前に出ていかず、下がってスぺースを消すことができる

 後ろへ下がった場合、相手の飛び出しを抑制することができたでしょう。その代わり相手には自陣深くへ侵入されますが、一発でピンチになる可能性は下がります。引いた上で味方の帰陣を待つやり方ならば、失点しなかったかもしれません。

 ちなみにこの場面は、高丘が前に出て処理していませんでした。それは、崩れた陣形なら一旦引いて整える原則があったことも絡んでいるでしょう。本来なら引くはずなので自分が高い位置を取る必要はないそういった判断から、この場面では前に出なかったのでしょう。もちろん、相手のパスが極上だったこともありますけどね。

なぜミスが出てしまったのか

 では、なぜ失点の場面でチアゴや畠中が前に出たかを考えてみましょう。

  1. ハイテンポの中、前に出るか後ろに下がるかの選択を強いられた
  2. 前半荒木が中々捕まらず、比較的自由にプレーさせてしまった

 時間がない中での選択って焦りますよね。そういった状況だと判断の精度が下がります。慣れ親しんだものなら、時間がなくても的確な行動がとれたでしょう。しかし、この守備方法は今季から取り組み始めたもの。まだ体に染みついていないものは、行うまでそれなりな時間を要するものです。

 今まではマリノスがテンポを握っており、自分たちのやりやすいペースに持ち込むことができました。そのため、各種判断も正確に実行できる状態。しかし、この試合は鹿島の望むハイテンポな展開。ここまでの速度は未経験だったため、判断が難しいものになりました。

 また、前半荒木が中々捕まらなかったことも要因の1つかもしれません。彼の自由を奪うため、前向きの意識が強まる。そういった精神状態でこの場面を迎えたら、前に出るという選択を取りやすいのも頷けます。

 以上より、これら2つのことがミスを起こしやすい状況を作り出していたのだと思います。平たく言うと、ものすごいスピード感の中、狡猾な相手と対峙したから、ということになるでしょうか。

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

高丘のミスについて

 まずは1失点目について。こちらはマリノスが抱えるコーナーキックの弱点を突かれた形です。ファーポスト目がけたボールは3:07と11:04にも蹴られています。失点シーンも、高丘が松原とぶつかってもつれていますが、これが鹿島の狙いの1つ。

 仮に高丘でなくても、松原のクリアミス、または多くの選手に飛び込まれて失点、ということも十分あり得たでしょう。弱点を突かれて高丘が対応し、結果として彼がキャッチングミスをした。ということで、たまたま失敗した人間が高丘だっただけだと思っています。

 次に5失点目について。前述した通り、崩れた状態だとキーパーは高い位置を取る必要が薄れます。しかし、そのため2,3失点目が発生してしまった。この日の守備陣は前向き意識が高かったため、自分が前に出た方がいいだろう。そういった判断のもと飛び出した、アドリブ的なものだったのかもしれません。チアゴと重なるような形でしたしね。

 飛び出した結果、トラップミスで相手に掻っ攫われてしまいましたが、こういった背景があったことは覚えておきたいところです。普段と違うことをしたので、ミスが出やすい状況だったとも言えるでしょう。

 双方ともミスをしたのは高丘です。しかし単なるミスではなく、そうなりそうな背景や理由があったので、一概に彼だけとは言いづらいものがあります。これらに関しては高丘のみを攻めるのは酷なのではないでしょうか。

押し込むべきかどうか

 「相手を押し込んだ場合どうだったのだろう?」自分の中でちょっと気になった部分です。

  • 押し込むことで相手2列目が飛び出すまでの時間を稼ぐことができる
  • しかし攻守が変わればトランジションは発生するので、相手の速攻はどのみち受ける
  • 敵陣にスペースがないと大然やエウベルの良さをフルに活かしきれない
  • かといって水沼や天野を入れると鹿島のスピードに対応しづらくなる

 上記のことを踏まえると、必ずしも相手を押し込んだ方がいいとは言えないなと思います。失点するリスクは少し減りますが、得点する術がかなり少なくなるはず。これだと収支が割に合いませんそれなら鹿島が望む形だとしても、オープン気味に試合を進める方が勝利に近付ける。なので、このやり方と先発メンバーは現在のベストだったでしょう。

 なので悔やむべきは、このスピード感で正確な判断ができなかったことになるのかなと。これほどの速度は初体験だったので、いい勉強になったのではないでしょうか。次回以降こういったペースで試合を行ったとき、チームとしての真価が問われるでしょう。

【2021 J1 第13節】横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸

f:id:hiro121720:20210509152707p:plain

スタメン

f:id:hiro121720:20210509152741p:plain

横浜F・マリノス

  • 前節と同じ先発メンバー
  • センターバック専任ではなく、マルチロールな岩田がベンチ入り

ヴィッセル神戸

  • 前節と同じ先発メンバー
  • 新加入のリンコンとマシカが揃ってベンチ入り

神戸のペースで進んだ前半

試合のペースを手繰り寄せる神戸

f:id:hiro121720:20210509191103p:plain
f:id:hiro121720:20210509191113p:plain
左:試合開始直後の神戸のプレス 右:途中から変更した神戸のプレス
  • 後ろの選手もどんどん出ていく積極的なプレスを敢行
  • 前で奪えればチャンスになるが、かわされると縦に素早く展開されてしまう
  • プレス速度も高いため、試合のペースが上がりがち
  • 前半15分ごろから前へ出る頻度が減少
  • ブロックキープを優先するので、パスの出し所を探す時間が生まれる
  • 全体として試合のペースが下がってくる

 試合が始まってしばらくは、ボールが両陣営を行き来する素早い展開になっていました。その要因の1つは神戸の積極的なプレスだったでしょう。前に飛び出す守備は、ハイペースな展開を生みやすくなります。こういうテンポはマリノスが望むものですよね。若干オープン気味でやりやすかったでしょう。

 このままではまずいと考えてか、神戸は途中からプレス方法を変更。後方の選手が前に出ていく頻度を減らすことで、試合展開を遅くしようと画策。寄せが厳しくないと後方で持つ時間ができますし、ブロックを作られるとパスコースも少なくなりがち。思考する時間が作られることで、全体としてテンポが遅くなってしまいます。これは神戸が望むペースですよね。

 神戸が主導権を握る時間が長くなり、サンペールも高い位置で崩しに参加できるように。前半は神戸が優位に試合を進めていたように思います。

打開策とリスクヘッジの天秤

 マリノスからしたらこのテンポを維持したくない。なんとかして打開したいところです。やりたいこととしては、試合のテンポを上げること。そうなると以下の方法が思いつきます。

  • プレススピードを上げ、どんどん相手へ迫っていく(組み立て時の時間とスペースを削る)
  • ビルドアップ時に両ボランチを下げ、相手を自陣に誘引する(相手の陣形を縦に間延びさせて縦に一刺しする)

 ただこのやり方を神戸相手に実践するには、それなりなリスクが発生します。

f:id:hiro121720:20210509192531p:plain
f:id:hiro121720:20210509192541p:plain
左:敵陣に相手を押し込むボランチ 右:プレスを剥がされてピンチになるマリノス
  • ボランチが上がって相手を押し込むことで、ボールロスト時のリスクを低減
  • 組み立て能力の高い神戸にプレスをかわされてピンチになることも

 上図の場合は喜田が下がることで山口を引っ張ることができるでしょう。そうすればライン間が開き、マルコスやオナイウが活きるスペースを生み出しやすくなります。今回の場合よりも多くの時間とスペースを得られるでしょう。しかし、万が一ボールをロストしたら多人数によるカウンターを受けてしまうことに。(詳しくは前節FC東京戦の記事を参照してください)

 また、プレス速度を上げることもテンポを上げる方法になりますが、相手は神戸です。サンペールやフェルマーレンを筆頭に、足元の技術が高い選手が多いチーム。ポジション取りも上手ですよね。そんな相手に突っ込むようなプレスをすると、かわされてしまうことも往々にしてあります。上図だとサンペールに時間と空間を与えてしまったので、古橋の裏抜けからピンチに繋がってしまいました。

 自分たちの望むペースにしたいが、そうしすぎると失点のリスクが上がってしまう得点を優先するのか、はたまた失点しないことに比重を置くのか。チームとしても、個人としても難しい状況だったでしょう。

 実際マリノスが取った行動は、リスクを抑えたサッカーをすることでした。相手ペースになっても決して焦らない。前半は耐え忍ぶ姿勢を貫いたと自分は感じました。そういう状態で先に点を取れたことは非常に大きかったでしょう。マリノス本意でない中のリードは神戸に落胆を、マリノスに勇気をもたらしたはずです。

人の適正とチームプレーのギャップ

変わる選手と変わらないサッカー

f:id:hiro121720:20210509194108p:plain
f:id:hiro121720:20210509194121p:plain
左:動き出しが噛み合わない2トップ 右:前半と同じことができない神戸
  • 中央から背後を狙いたい選手が2人になる
  • 動き出しが被ってパスを出すタイミングを失う
  • ならばと古橋が下がるが、そうなると脅威が薄れる
  • ボールの出し手も郷家か山口なので、サンペールほどのクオリティを求められない

 前半は2トップの相方である佐々木が衛生的に動き、古橋は中央からの裏抜けという役割分けが明確でした。しかし、後半投入されたリンコンは古橋と同じスペースを使いたい様子。上図のシーンでは、背後に抜けようとした古橋に外へ行くよう指示してるリンコンが印象的でした。結局リンコンが外に流れることになりましたが、動き出しが遅れたため佐々木からパスを出すタイミングがなくなることに。

 これで学んだのか、今度は古橋が下りてもらおうとしますが、それだと攻撃の脅威が薄れますよね。しかも最高の出し手であるサンペールはいません。ボールの出し手が郷家に変わったので、パスを出せる条件が厳しくなります。その影響は組み立てにも見られたり…

 サンペールや井上という配球能力の高い選手に代え、郷家やリンコンを入れたことでスピードがアップ。前から激しく突っ込んでくるのかと思いきや、やるサッカーは前半と変わりませんでした。そうなると組み立て能力の低下が目についてしまいます。前述した連携面からも、攻撃がうまくいかないことが多い。しかし、守備面は変わらないのでマリノスも攻めあぐねる状況。試合が膠着します。

選手を適正位置におけない事情

 このままではまずいと思ったのか、早いタイミングでイニエスタとマシカを投入。選手の配置も変え、得点を目指します。

f:id:hiro121720:20210509195914p:plain
f:id:hiro121720:20210509195923p:plain
  • 古橋が左アウトサイドに移る
  • 神戸で最も得点能力の高い選手がゴールから遠ざかることに
  • 自身がフィニッシャーになれない or そうするには時間がかかる
  • 古橋を中央に置きたいが、そうすると対マリノス攻守バランスに不安が残る

 最も得点能力の高い古橋がサイドに移動したことで、攻撃の脅威が減少。本来は彼を中央に残したいが、前述した通りリンコンの適正位置と被る。それならリンコンをトップ下、イニエスタボランチにすれば解決しそうですよね。しかしマリノスの攻撃を考えると、守備力に不安を覚えます。出場させた面々を活かしつつ、リスク低減するためにはこの布陣しかなかったのではないでしょうか。(追いかける側のチームがそれでいいのか、というのは見解が分かれると思いますが…)結局最大のチャンスになりかけたのが古橋の抜け出しというのは皮肉なものでしたが…

スタッツ

sofascore

www.sofascore.com

SPAIA

spaia.jp

Football LAB

www.football-lab.jp

ラッキングデータ

www.jleague.jp

所感

我慢強さと対策が生んだ先制点

【スポット】2021年J1リーグ第13節vs神戸(H)によせて【ライト】tricolorechang.wordpress.com

www.soccerdigestweb.com

 今回、多くの方がプレビューを投稿してくださいました。今一度読み直した上で、先制点をちょっと振り返ってみましょう。そう、サイドチェンジが目につきますよね。このシーンを見直すと、ティーラトンは最初から大外の位置をキープ。天野がボールを持った瞬間には走り出していました。これは事前にチームとして狙っていたことだったでしょう。見事ハマりました。

 そして、どのポジションなら相手にマークされないか探っていた天野センターバックがついてこれず、ボランチにも捕まらない位置。それを見つけ、瞬間的に実践したのがこのシーン。フリーでボールを受けれると、あれだけのパスを出せることはご存知ですよね。

 神戸のペースで苦しかった状態。事前に狙っていたことが得点として結実。天野個人の努力による打開。そりゃボスもあれだけ喜びますよ(笑)まさに会心のゴールだったと思います。

大人な姿勢で試合を制す

 前述しましたが、マリノスペースにするためリスクを冒すこともできました。前のマリノスだったら早々に実践していたと思います。その結果自ら崩れ、相手に先制点を与える。そうなると更に前掛かりに。後ろが空いて失点を重ねる。そんなことを繰り返した昨季と違い、今季は我慢するということを覚えました。実に大人な試合運びだったと思います。

 セレッソ戦に続き、上位対決を制することができました。今季は上位に勝ててるぞ!ということは大きな自信に繋がると思います。この調子で続く難敵とも渡り合いたいですね。